2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ぎょぎょ! 行事

2019年10月18日 (金)

2019年10月14日 台風19号に伴う東北教区内教会伝道所の被災情報

 お見舞いとお問い合わせに感謝いたします。東北教区の被災状況をお知らせします。祈りのうちに憶えてください。ありがとうございます。

191 192

2019年10月6日 EMSからのゲスト

 会津放射能情報センターの発足は2011年、東日本大震災の原発核事故によるフクシマの悲しみと怒りに呼応して…。ドイツの教会組織「EMS(ドイツ連帯福音宣教会)」の皆さんは初動から会津放射能情報センターの営みに連帯し、食品放射線量測定器を贈ってくださいました。東京で研究期間を過ごすベルンド・アペル牧師と朋友デビッドが礼拝に出席し連帯の挨拶、午後からみっちりと片岡輝美センター代表の報告に傾聴してくれました。記念にEMS特製のピン、レインボー・カラーの中心に十字架があります。言うまでもなくEMSはLGBTQにも連帯。感謝感激です!

2_20191018101901 1_20191018101801 3_20191018101901

2019年10月11日 (金)

2019年10月3日 辺野古のいま 緊急講演会

 金井創さんをお迎えして開催しました。日程を調整くださり本当にありがとうございます。これまで夜の集会が多かったのですが、夜だと出席困難な方たち特に女性の参加を期待しての開催です。意味深い集会となりました。本土に住む私たちこそが問われています。金井さん、ご多忙ななか本当にありがとうございます。

 神戸からフクシマとオキナワを憶え続けてくださる横山恵子さん。福島市の子ども脱被ばく裁判への連帯、そこから会津放射能情報センターをお訪ねくださり、翌日は仙台での金井創さん講演会にもご出席くださいました。遠く離れていますが、とても近くにいてくれます。ありがとう!

■以下横山さんからの報告を引用させていただきます。
 日曜日の礼拝で、牧師の「次に生きるためのエール」(http://www.higashikobech.org/?p=1906)と祝祷に送り出されて、裁判傍聴のために福島に向かった今回の旅。その最終日は仙台のエマオで過ごすことに。今年沖縄慰霊の日の礼拝に夫と共に出席した佐敷教会の金井創牧師の報告会『沖縄の今、辺野古の今』に参加するためでした。
 金井牧師は辺野古の抗議船「不屈」の船長です。前回エマオご訪問の2015年以降の沖縄の報告となり、ちょうど日曜日の午後のピース広場でお聴きした、片岡希望さん在沖時の報告に繋がるホットな内容になりました。
総合司会は片岡謁也牧師。宣教委員会の高橋真人牧師の開会祈祷により開会。やはり慰霊の日に佐敷教会の礼拝に出席された沖縄交流・合同問題特設委員会の山形の中村正俊さんのご挨拶では「山形にこだわって福音を宣べ伝えるために、沖縄をめぐる問題を知る」と。ご報告の内容の一端は、写真とキャプションでお伝えします。会の最後は委員長の謝辞のあと、いずみ愛泉教会の布田秀治牧師により閉会の祈りが捧げられました。
 会津までご一緒した友人たちとは別れての延泊一人旅。福島で仙台で、それぞれに意義深い「いのちに向き合う方々との出会いの旅」となりました。謁也先生と金井先生、沖縄と東北教区の深い繋がりについても知ることができました。ちょうどこの日だから参加することが叶った報告会でした。心から感謝します。

1_201910111117012_201910111117013_20191011111701

2019年10月10日 (木)

2019年10月3日 アフリカトーク & ライブ

 9月28日に第19回One Voice Aizu、10月3日にマゴソスクールを支援するアフリカドラム&トークライブ、4日に敬和学園高校・敬和の会が開かれました。アフリカドラム&トークライブには幼児から大人まで約50名が参加。冒頭、マゴソスクールを運営する早川千晶さんから孤児、元ストリートチルドレン、虐待や強制労働されていた子ども500人が通う学校がマゴソスクール、また生活困窮した子どもから大人まで40人が一緒に生活するマゴソファミリーの報告がありました。朝目覚めることができた感謝から始まる1日は、いつも歌に溢れているとのお話に、厳しい環境の中、生きていくたくましさを想像しました。もちろん歌と太鼓のリズムにも参加者たちは踊って歌って心から楽しみました。再会の時が今から楽しみです。

20191010-145601

2019年9月29日 愛唱讃美歌プレゼント

 毎月最終主日恒例のプログラム、愛唱讃美歌プレゼントです。来月誕生日を迎える方が求める讃美歌を、みんなの歌声で贈ります。奇しくもSammyもムラセも「勝利を望み=We Shall Overcome」を指定。鍵盤弾きのムラセ自ら渾身の奏楽でお祝いできました。おめでとう! 良き一年を祈ります。

1_20191010145301 2_20191010145401 3_20191010145401

2019年9月22日 マイクとの嬉しい再会

 Altadena Community Church(米国合同教会=UCC)のマイクが来若し再会できました。東日本大震災からの出会いで、昨年も会津放射能情報センターを訪問、フクシマの悲しみと呻きに寄り添い続けてくれます。日系米国人三世のマイクは早稲田への留学経験もあり、ルーツは二本松や和歌山にも…。嬉しい再会の夜となりました。ありがとう!

1_201910101449012_201910101449013_20191010144901

2019年9月14日 (土)

2019年10月3日「不屈」の船長がやって来る!

 緊急開催が正式に決まりました。オキナワ辺野古で非暴力の抗議活動を続ける金井創さんの講演報告会です。とにかくフライヤが必要! と慌てて作成したものをここに公開します。シェアも転送も転載もご自由にどうぞ。是非ぜひお出かけください。

70537711_2439553129458705_26467898010716

2019年9月8日 「戦争体験を聴く」礼拝

 子ども礼拝で隔週続けてきた「戦争証言」の第四回目、高橋力さんが立候補し担当してくれました。満州吉林(きつりん)で学校では教科書を開くことなく「ほふく前進」や「銃剣突撃」の訓練をした、敗戦濃厚の街中で満州の人びとから敵意むき出しにされた日本人…。憲法九条を変えて戦争する自衛隊にしてはならない、きみたちこそが「平和を実現する神の子」なのだ。続きはまた来年の夏、との予告も(!)。四名の証言者に感謝いたします。

69874255_2434416099972408_42035903635390 69712430_2434416116639073_12740732849624 69642448_2434416493305702_13478792442224

2019年9月3日 沖縄 宮古島のいま 坂口聖子さん講演会

 朋友の坂口聖子さんが宮古島から来仙、宮古島の歴史・現状・課題について講演会を担当してくれました。予想を凌ぐ「111名の参加者」が現場からの熱い報告に傾聴しました。坂口さん、実行委員会の皆さんありがとうございます。

70013150_2426858900728128_16086869327940 69612628_2426858814061470_53079423249683 69914211_2426859357394749_11238130466580

2019年9月 1日 (日)

2019年8月30日 東電刑事裁判 県内連続集会

 9月19日に判決が出されます。これだけの事態を引き起こしているのに誰も責任を取ってはいません…。この国の司法が問われています。礼拝堂を会場に傾聴。裁判の詳細な報告にも感謝いたします。

1_20190901160801 2_20190901160801 3_20190901160801

より以前の記事一覧