2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2019年10月3日 アフリカトーク & ライブ | トップページ | 2019年10月6日 EMSからのゲスト »

2019年10月11日 (金)

2019年10月3日 辺野古のいま 緊急講演会

 金井創さんをお迎えして開催しました。日程を調整くださり本当にありがとうございます。これまで夜の集会が多かったのですが、夜だと出席困難な方たち特に女性の参加を期待しての開催です。意味深い集会となりました。本土に住む私たちこそが問われています。金井さん、ご多忙ななか本当にありがとうございます。

 神戸からフクシマとオキナワを憶え続けてくださる横山恵子さん。福島市の子ども脱被ばく裁判への連帯、そこから会津放射能情報センターをお訪ねくださり、翌日は仙台での金井創さん講演会にもご出席くださいました。遠く離れていますが、とても近くにいてくれます。ありがとう!

■以下横山さんからの報告を引用させていただきます。
 日曜日の礼拝で、牧師の「次に生きるためのエール」(http://www.higashikobech.org/?p=1906)と祝祷に送り出されて、裁判傍聴のために福島に向かった今回の旅。その最終日は仙台のエマオで過ごすことに。今年沖縄慰霊の日の礼拝に夫と共に出席した佐敷教会の金井創牧師の報告会『沖縄の今、辺野古の今』に参加するためでした。
 金井牧師は辺野古の抗議船「不屈」の船長です。前回エマオご訪問の2015年以降の沖縄の報告となり、ちょうど日曜日の午後のピース広場でお聴きした、片岡希望さん在沖時の報告に繋がるホットな内容になりました。
総合司会は片岡謁也牧師。宣教委員会の高橋真人牧師の開会祈祷により開会。やはり慰霊の日に佐敷教会の礼拝に出席された沖縄交流・合同問題特設委員会の山形の中村正俊さんのご挨拶では「山形にこだわって福音を宣べ伝えるために、沖縄をめぐる問題を知る」と。ご報告の内容の一端は、写真とキャプションでお伝えします。会の最後は委員長の謝辞のあと、いずみ愛泉教会の布田秀治牧師により閉会の祈りが捧げられました。
 会津までご一緒した友人たちとは別れての延泊一人旅。福島で仙台で、それぞれに意義深い「いのちに向き合う方々との出会いの旅」となりました。謁也先生と金井先生、沖縄と東北教区の深い繋がりについても知ることができました。ちょうどこの日だから参加することが叶った報告会でした。心から感謝します。

1_201910111117012_201910111117013_20191011111701

« 2019年10月3日 アフリカトーク & ライブ | トップページ | 2019年10月6日 EMSからのゲスト »

ぎょぎょ! 行事」カテゴリの記事