2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月25日 (火)

2017年7月19日 UMCの若者たち その3

 いよいよ会津若松を出発。これから東京、そして川崎へ。良き旅となるように心から祈ります。また会おうね〜。

Photo_12 Photo_13 Photo_14

2017年7月18日 UMCの若者たち その2

 午前中、みっちりフクシマ現地研修で過ごします。センターに滞在中のトミーが高校生たちに詳細なプレゼン、そして片岡輝美代表の現状報告、さらにセンタースタッフからの線量測定報告と証言に傾聴してくれました。そしてイングリッシュ・アカデミーでの特別合同クラスでも高校生たちが大活躍。夜は「Friendship Night」これまた大盛りあがりでした〜。ゲーム大会、アカデミー生徒の発表、クワイアとの歌交換などなど嬉しく忘れられない夜となりました。

Photo_6 Photo_7 Photo_8
Photo_9 Photo_10 Photo_11

2017年7月17日 UMCの若者たち その1

 UMC(米国合同メソジスト教会)のウェスレー教会からKeithとVikiが来若。高校生16名とリーダー6名の総勢22名が会津を楽しんでいます。回るお寿司に大興奮! そして会津マスクワイア練習日に合わせて突然のエール交換。これまた大興奮でした。AMCの皆さんありがとうございます。

Photo_4 3_2 Photo_5

2017年7月13日 山崎知行医師が来若

 東日本大震災直後からフクシマの課題に寄り添い続けてくださるDr.山崎に心から感謝いたします。山崎さんをフクシマに送り続けてくださる大阪教区の皆さん、本当にありがとうございます。本日、会津放射能情報センターでの「しゃべり場」と「子ども健康相談」をがっつり担当してくださいました。連れ合いとトミーが気合いを入れて整えてくれた「お疲れさまの夕食」をセンターで嬉しく美味しく頂戴しました。

Photo Photo_2 Photo_3

2017年7月8日 会津放射能情報センター役員会

 会津放射能情報センターを憶えお支えくださる皆さん、ありがとうございます。毎月定例のセンター役員会も無事終了し夏の諸行事に備えています。役員会終了後、サプライズのケーキにも感謝感激。

1 2 3

2017年7月 8日 (土)

2017年7月3日 東北教区教師研修会

 久しぶりに教師研修会に出席できました。「宣教師の目に映る現状・課題・可能性〜台湾基督長老教会宣教師として〜」の主題で北海道からディバン・スクルマン宣教師が講師。ディバンとは先週は北海道で、本日はここ鳴子温泉で再会やね。二日間の研修会でしたが火曜の本業のために帰還…。とても濃密な研修会でした。ありがとうございます。

Photo_35 Photo_36 Photo_37

2017年6月28日 第13回 部落解放全国会議 in 北海道 第三日

 濃密な三日間に感謝いたします。全国の仲間よ、ありがとう。正午で終了した部落解放全国会議、フライトは午後4時なのでどないしょ…。父子二組と連れを含む5名も似たような時刻ですから、とにかく千歳空港で待機することに。ジンギスカンも海鮮丼もたらふくいただいたので、みんなでシェアできる中華に決定しました。午後6時過ぎには会津若松に無事到着…連れ合いからLINEで連絡あり、夕食は四国からフクシマの現地研修に来たお友だちとご一緒しました。

Photo_32 Photo_33 Photo_34

2017年6月27日 第13回 部落解放全国会議 in 北海道 第二日

 会議参加者100名が午前9時に大型バス二台で千歳を出立。二風谷ダム建設でアイヌの生命や生活、故郷、文化を無視した行政の有りように関して解説を聴きました。ええ「ダムは無駄!」。昼食は伝統的アイヌのお食事を堪能し、ご存じアイヌ資料館で萱野志朗館長の講演。千歳栄光教会に戻り、和田献一さんの迫力満点の二時間主題講演。濃密な一日です。

Photo_26 Photo_27 Photo_28
Photo_29 Photo_30 Photo_31

2017年6月26日 第13回 部落解放全国会議 in 北海道 第一日

 部落解放を祈り働く全国の仲間と北海道で再会! 福島空港から千歳空港へ。またまたこんな面子と再会しました。ええ、たまたまです。一昨日までオキナワでご一緒でしたが本日は北海道での再会。会議画像は撮影禁止ですので会議後のスナップを。

1 2 3

2017年6月24日 オキナワ現地研修 第四日

■対馬丸記念館〜不屈館〜仙台空港
 いよいよ最終日、対馬丸記念館と不屈館へ。ここでもモチヅキさんと再会し、記念館の歴史を解説してくれました。大きな流れのなかで、政府に絡め取られていくことにも気づかされました…。ああ、複雑…。そこからてくてく不屈館へ。館長とスタッフが待ち構えていてくださり丁寧にお話しくださいました。ここでモニターを通してハジメさん、カズナリとも再会! カメジローさんのお働きが、辺野古に高江にオキナワの各地に継承され紡がれていることを実感します。ありがとうございます。今回の旅もたくさんのお働きに触れることができました。本当に励まされます、勇気づけられます。ここフクシマで、倦まず弛まず挫けず諦めずにしっかり生き働きます。ありがとう。連帯!
Photo_20 Photo_21 Photo_22
Photo_23 Photo_24 Photo_25

2017年6月23日 オキナワ現地研修 第三日

■沖国大〜南風原文化センター〜平和祈念公園〜真壁ちなー〜魂魄の塔〜荒崎海岸
 沖国大のヘリ墜落現場、そして南風原へ。そこから平和祈念公園でアベの車列を迎え撃つ! 先導車の白バイや黒塗り車が猛スピードで目の前を駆け抜ける…。慰霊式典の「象徴的な画像」を中日新聞から転載させていただきます。魂魄の塔での反戦平和集会では、またまたたくさんのお仲間と再会できました。ありがとうございます。励まされます。
Photo_13 Photo_14 Photo_15
Photo_16 Photo_17 Photo_18

2017年6月22日 オキナワ現地研修 第二日

■辺野古テント2〜海上抗議〜シュワブゲート前〜高江〜嘉手納
 午前7時に辺野古テントに集合するためセミナーハウスを5時30分に出立。なんと6時には到着してしまいました…。でもこの時刻、ゲート前にはエツミさんが! 再会を喜びしばらく歓談、本当にありがとうございます。テントでは団長のマモルさんが連帯の挨拶、そして汀間港から「不屈」に乗せていただき大浦湾へ。5分に一台のペースでトラックが海に岩石を投入、ガラガラという音と共に粉塵を巻き上げ投入される岩々。痛い…見てられん…。怒りと痛みを抱えて再びゲート前に戻りたくさんのお仲間に加えていただきました。午後、高江に向けて出立し高江テントでイクコさんと再会。高江での抵抗の歴史を丁寧に証言してくださいました。道の駅かでなから基地を見下ろし、許田で火照った心と体に名物のぜんざい三昧。
Photo_7 Photo_8 Photo_9
Photo_10 Photo_11 Photo_12

2017年6月21日 オキナワ現地研修 第一日

■仙台空港〜那覇空港〜佐喜眞美術館〜ぎのわんセミナーハウス
 骨折以来しばらくぶりでオキナワへ。「慰霊の日」をオキナワで過ごそうと東北教区の仲間たちと共に出掛けました。佐喜眞美術館でいきなりハジメさんに遭遇しお互いびっくり。ハジメさんは山形の高校生の修学旅行に張り付いてます。
Photo Photo_2 Photo_3
Photo_4 Photo_5 Photo_6

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »