2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月22日 (火)

2016年11月22日 東日本で大きな地震

 各地からの問い合わせに感謝いたします。起床していましたが、一気に目が覚めた。ここ会津若松で大きく長い地震。牧師館は物も落ちずに大丈夫。若松栄町教会礼拝堂の壁なども、漆喰のひび割れが多少伸びたくらいで剥離なく大丈夫です。浪江にあるSAFECASTのモニタリングポストも確認済み。午前7時現在で大きな変化なしです。続けてお祈りください。

2016年11月19日 (土)

2016年11月19日 オキナワ高江の土曜行動

 毎週水曜と土曜はオキナワの各地から全国からもちろん地元からも、高江を目指して座り込む人びとが集結します。今後は月曜も…と知らされました。そこに集う皆さん、また毎日早朝からツイキャスで配信くださる皆さん、ありがとうございます。視ています。大雨の中ほんまにありがとう。これまでビニール袋で包んでいたカメジロー・フィギアを100均で発見したひな壇ケースに座らせました。カメジローさんのことは「瀬長亀次郎」でぜひ検索ください。不屈!

Photo Photo_2 Photo_3

2016年11月18日 (金)

2016年11月18日 京都滋賀キリスト教保育所同盟の現地研修

 東日本大震災直後から継続して支え、寄り添ってくださる「キ保同」の皆さん。とりわけ朋友シンとコウちゃんは毎年会津放射能情報センターをお訪ねくださり、恒例の会津現地研修は今回でなんと五回目。情報センター代表の連れ合いのフクシマ現状報告、スタッフのセンター活動報告、自主避難者の証言…。濃密な時を過ごしてくれました。傾聴くださる皆さんに、こちらこそ励まされ癒されます。ありがとう。大阪教区から派遣される医師山崎知行さんのセンター支援日程とも重なり、山崎さんも同席くださいました。またの再会を楽しみにしています。

Photo Photo_2 Photo_3

2016年11月17日 (木)

2016年11月12日 会津放射能情報センター主催 緊急ライブ!

 ロビン・デュプイさんの緊急ライブを開催しました。素晴らしい空間を作り上げてくれました。癒される、励まされる…。今朝の高速バスで仙台へ、本日は玉置浩二のサポートで仙台でのライブです。ありがとう! またの再会を楽しみにしています。

■Robin Dupuy ロビン・デュプイ プロフィール   
 フランス・ストラスブルグ出身。6歳の時にヨーヨー・マの演奏を聴きチェロをはじめる。パリのSchola Cantorumを首席で卒業。2004年に来日。クラシック、ポップス、ジャズ、インド音楽を修め作曲活動および古典から現代楽曲までを重厚かつ柔軟に演奏。自作のオリジナル弦楽器とチェロで新たな音響を探る。これまで共演しサポートしたアーティストは久石 譲、玉置浩二、矢沢永吉、BOA、藤井フミヤ、Ai、Salyu、鈴木雅之、ONE OK ROCKなど多数。3.11東日本大震災の痛みを憶えとりわけ放射能汚染のフクシマに寄り添い続けるプロミュージシャン、今回も玉置浩二全国ツアーの合間を縫って駆けつけてくれる。三度目の来若に乞うご期待!
Photo_27 Photo_28 Photo_29

2016年11月6日 召天者記念礼拝

 先に天に送った皆さんを憶え、そしていま生かされている生命を憶えて召天者記念礼拝を捧げました。意味深い時をご一緒に過ごせて本当に嬉しい朝です。さあ、今週もしっかり生き抜こう。普段は白いガウンにミンサー織りのストール。本日は親父の形見の黒いガウンに会津木綿のストール…。全ての画像は片岡輝美が撮影してくれました。
■片岡輝美のFacebookより引用
 今日の礼拝は召天者記念礼拝でした。先に天国に召された家族や友人、多くを教えてくださった親しい人々を思い出します。笑顔でおしゃべりできないこと、その存在に触れられないのは本当に悲しい。でも、その人々と喜びも楽しみも、そして悲しさも共に持った瞬間は、確かに私の胸の中に生きています。悲しいけれど、心が温かくなる…。明日から、また、自分の生命をしっかり生きていこう!
Photo_24 Photo_25 Photo_26

2016年10月31日 沖縄を知り、祈り、行動する集会

 仙台にオキナワ高江の伊佐育子さんをお迎えしました。昨日はカトリック教会での集会。本日は日本基督教団東北教区主催で主題講演を担当してくださいました。連日のお働き、そして遠くから本当にありがとうございます。長男と初めて高江をお訪ねしたのは2008年2月のこと。その日テント担当だった育子さんとお会いし、私たち親子に高江の皆さんの営みを丁寧にお話しくださいました。あれから8年…。昨年11月に連れ合いが初めてお訪ねした高江テントに、やはり育子さんがいてくれましたね。7月22日の安倍政権の暴挙、今この時も抗い続けるたくさんの仲間たちのお働き、政府広報機関である大手メディアの責任、そして本土の私たちへの鋭く厳しい問い掛け…。しっかりたっぷり言葉を紡いでくださいました。ありがとうございます。今年は2月6月7月8月と私も高江に加えていただきましたが、それから伺えてません…。高江の皆さん、またお訪ねします。

Photo_21 Photo_22 Photo_23

2016年10月28日 三男が通う教会の牧師 朝日新聞「声」欄

 本日の狭山集会で再会できました。次男も三男もお世話になっている東神戸教会牧師の横山順一さんの投稿。この時、私も案内人兼運転手で一緒におりました。ありがとう。連帯!

Photo_20

2016年10月28日 狭山事件の再審を求める市民集会

 毎年5月と10月は日比谷野音、狭山事件を憶え部落差別に抗う集会に参加。朝一番に出立し「宗教者の集い」に間に合いました。そして午後は日比谷野音へ。ご覧の通りの大雨ですが、全国から部落解放を願い行動するたくさんの仲間が集結しました。福島みずほさんも壇上から力強い連帯の挨拶! 毎回ありがとうございます。なんと辺野古ブルーの活動に加わってくださるトビさんにもここで遭遇し感激! 部落解放・オキナワ・フクシマ・辺野古・高江…。ええ、繋がっています連なっています。

Photo_17 Photo_18 Photo_19

2016年10月25日 イングリッシュ・アカデミーのハロウィン

 毎週火曜日は教会付属英会話学校の子どもクラス。ハロウィンで楽しみました。牧師館に訪れるオバケたちに「No〜 Trick!」。お菓子と会津坂下産のプチカボチャ「バンゲボンゲ」をお土産に。

Photo_14 Photo_15 Photo_16

2016年10月23日 秋の教会バザー

 恒例秋の教会バザー、大いに盛り上がりました。ご協力お支えくださる皆さんありがとうございます。バザー当日の礼拝は毎回子どもとおとなの合同礼拝で牧師の宣教は「7分が原則」…。はい、守りました。初めてで大好評のフライドチキン、フランクフルト、玉コンニャクは次回も是非ぜひ〜。会津子どもクワイアのミニライブもとても素敵です。ありがとうありがとう!

Photo_9 Photo_10 3
Photo_11 Photo_12 Photo_13

2016年10月15日 第6回 会津放射能情報センター総会開催

 国内はもちろん、海外からも多大なお支えをいただいている「会津放射能情報センター」。この営みに加わってくださる皆さんに心から感謝いたします。センターの年度は10月〜9月で、本日定期総会を開催。多様で詳細なセンター活動の報告、決算予算承認、2時間30分に亘る熱い協議…。ありがとうございます。そして、まだまだどうぞよろしくお願いします。

1 Photo_7 Photo_8

2016年10月14日 「九条の会」会津若松 秋の講演会

 礼拝堂での講演会に参加、講師は伊勢崎賢治さん。何かと誤解されやすい「紛争現場に飛ぶ大学教授」ですが、講演内容は大変明解できっぱり! 120分に及ぶ濃密な主題講演の後、鼎談でも盛り上がりました。主題講演では、オキナワ辺野古と高江における「日米両政府の狼藉」を厳しく斬ってくれました。熱い会場にご本人も喜んでくださり再来を確約。よしっ!

Photo_4 Photo_5 Photo_6

2016年10月6日 連れ合いと仙台で合流

 走り続ける連れ合いが米国合同メソジスト教会女性会(UMCW)の皆さんにフクシマ報告を担当。前夜と午前中は五所川原(青森)での講演で、そこから仙台へ。おれも仙台で合流しました。教会サイトには掲載しておりませんがここ数年毎年四名の教会員を天に送り、今月末も納骨式があります。式で使用する白木の素敵な十字架をエマオで購入し同乗の連れ合いと無事帰還。

Photo Photo_2 Photo_3

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »