2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月24日 (日)

2016年4月22日 九州教区「熊本地震」救援対策本部 発信

■九州教区「熊本地震」救援対策本部 報告
覚えてくださる全国の皆さまへ (2016年4月22日)
 この度の「熊本・大分地震」につきまして、引き続き、全国より多くのお祈り・お支えをいただいておりますことを、まずは心より感謝申し上げます。皆様の熱きお祈りに励まされつつ、私ども九州教区としての歩みを進めております。
 その上で、教区と致しまして、僭越ながら以下の点につき、再度、お願いを申し上げます。
1.「被災教会・伝道所/地域の被災状況」について
 熊本地区、大分地区を初め、九州教区が把握できる限りの情報につきましては、すべてこの「Facebook上」にて発信させていただいております。事務局として、運営上の様々な限界はございますが、まずは「ここ」を通し、ご確認いただきましたら幸いです。
 現在、熊本市内の被災教会では、「一日に数十件」(例:昨日/1教会:51件)という割合で、日々全国各地よりの「安否確認の電話連絡」が殺到し、教師(牧師)がその対応に追われる状況が続いております。
 ご承知の通り、教師はそうした電話に加え、会員・地域への関わり等、日々様々な対応に追われている状況です。何より、教師・家族自身が、「被災者」です。お気持ちには大変感謝申し上げますが、どうぞその旨をご理解いただき、お一人びとりの「想像力」をもって、お覚えいただきましたら幸いです。
2.「人的・物的」ニーズについて
 既報の通り、九州教区といたしましては、現在(4/22時点)におきまして、九州教区外よりの「物的・人的支援要請」を行っては、おりません。
 ライフラインの復旧/物流に関しましても、前・投稿の通り、少しずつではありますが回復の兆しが見られます。
 ご承知の通りではありますが、「地域の物流・生産」が復旧する過程・途上におきまして、被災地域「外」より物資が届けられることは、かえって地域経済の復興・物流を妨げる要因にもなりかねません。
 私ども九州教区といたしましては、既に教区としての「募金のお願い」を発信させていただきましたので、どうぞ「そちら」にてのご協力をいただきましたら幸いです。どうぞ、よろしくお願い致します。
3.今後の対応について
 現在、当教区をはじめ、他教派、YMCA、YWCA等の諸団体をはじめ、それぞれに支援体制が立ち上がり、整いつつある状況にあります。九州教区といたしましても、今後、そうした他教派・他団体との緊密な連携を視野に入れつつ、息の長い支援活動をなして参りたいと願っております。
 それに関しましても、すべてこのHP上にて状況をお知らせいたしますので、どうぞ覚えてお祈りいただきましたら幸いです。
 日々、あるいは数時間ごとに、このページをご確認いただき、お覚え下さっておりますお一人お一人すべての皆さまに対し、心よりの感謝を申し上げます。ありがとうございます。
 「復活節」におきまして、皆さま方の上に、天来の祝福とお守りとが豊かにありますよう、心よりお祈り申し上げます。
           日本キリスト教団 九州教区 一同

2016年4月20日 (水)

2016年4月19日 九州教区「熊本地震」救援対策本部 発信

■九州教区「熊本地震」救援対策本部 報告(4/19)
1.概要
 梅崎浩二、日下部遣志、新堀真之の3者で本日に電話連絡。
 以下、確認事項。
2.被災教会の現状について(4/19午前時点)
①ライフラインの復旧は進んでおらず、断水が続いている。
 市内の教会では、錦ケ丘教会以外は未だに水の出ない状況である。救援物資は、各教師が信徒宅に運んでいる。
②強い余震(昨晩:震度5)と断水が続く中で、当然ながら教会関係者は疲弊している。特に、「被災教会への度重なる電話」が、教師・家族の大きなストレスとなっている。配慮を願いたい。
③被害の大きかった益城地区までは渋滞が続いており、車で入ることは困難である。また車での移動は渋滞をつくる要因ともなり、行政単位での支援を妨げる可能性もある。
武蔵ヶ丘・神田教師が救援物資をバイクで運んでいる(所要時間:35分程度)。
④ 神田教師が地域の医師とのつながりを持っており、それを通して各避難所に物資を届けている状況である。
3.今後の対応として
九州教区「内」での物資・人的支援を継続する。実施にあたっては、以下の点を原則とする。
① 支援物資の集積場として、武蔵ヶ丘教会を指定する。
  ここを拠点とし、近隣被災教会、及び被災地域、避難所等への支給を行うこととする。支援物資運搬のための軽トラックを購入し、武蔵ヶ丘教会に常備する。
② 支援物資の購入・運搬を、以下の要領で行う。
   毎週月曜日:福岡地区(調整 地区委員長:多田玲一)
     木曜日:長崎地区(調整 地区委員長:深澤 奨)
  その他、教区三役が出入りする時など、随時購入・運搬を行うこととする。
※ 強い余震が続く危険な状況であることや、熊本周辺の道路状況。何より、被災教会の疲弊を鑑み、現段階では教区「外」よりの支援は求めないこととする。
③ 支援物資の購入について
被災地より求められるニーズを整理・集計し、各購入・運搬者に伝えることとする。
  購入代金については、すべて教区よりの支出とする。(担当者には後日精算を願う)
4.情報の発信について
・「日本基督教団九州教区『熊本地震』救援対策本部」名でのFacebookを立ち上げ、今後内外に向けた情報の発信を行うこととする。             (以上)
↓下記の公式サイトも参照のこと。
20160420_53102 20160420_53134

2016年4月18日 (月)

2016年4月18日 九州教区公式発表

 日本基督(キリスト)教団九州教区から公式の依頼です。もちろん宣教協力関係にある在日大韓基督教会のためにも活かされます。
20160418_175706

2016年4月16日 (土)

2016年4月16日 関係機関のURLおよびFaxなど

連れ合いのFacebookタイムラインからシェアします。
========================
 熊本を中心とする大地震と強い余震によって被害が拡大深刻化しています。被災された皆さまには心からのお見舞いを申しあげます。
 この自然災害の最中稼働している川内原発は、一刻も早く停止させるべきです。熊本県内のソニーなど大手メーカー主力工場は地震の影響で操業を停止し、復旧の見込みはないそうです。また、今朝NHKで阿蘇山に小さな噴火が見られたと報道されました。地震の地域も広がっています。活断層は川内原発までのびています。工場ですら稼働できないのですから、無数の菅が走る原発は、即刻停止。地震に連動する火山活動が予想される今、その緊急性はさらに高まっていると言えるでしょう。http://健康法.jp/archives/15598
 川内原発稼働中止の署名が整いつつあるようです。詳細がわかり次第、ご連絡します。ご協力ください。東日本大震災以降、会津放射能情報センターは、九州のみなさんから大きなお支えをいただいています。九州は子どもたちの保養先でもあります。放射能汚染を九州に拡げるわけにはいきません。福島だからできることをしていきましょう。川内原発稼働中止を求める意見の送信先を挙げてみました。玄海原発は停止していますが、万が一の時の情報公開を今から求めておくことも大切だと思います。
□九州電力facebook:https://www.facebook.com/kyuden.jp
□九州電力意見アドレス https://www1.kyuden.co.jp/…/inquir…/index.php/form/input/104
□川内原子力規制事務所 
〒895-0052 鹿児島県薩摩川内市神田町1-3 鹿児島県原子力防災センター2階 電話:0996-23-1947 ファックス:0996-23-0828
□玄海原子力規制事務所
〒847-0855 佐賀県唐津市西浜町2-5 佐賀県オフサイトセンター1階 電話:0955-74-9050 ファックス:0955-72-0169
□原子力規制委員会意見アドレス https://www.nsr.go.jp/ssl/contact/
□首相官邸意見アドレス https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html 

2016年4月16日 放射線量確認アプリ

 長男からFacebookに情報投稿。放射線量を確認できるスマホ用アプリです。取りあえずの目安として活用できるはず。
========================
 九州で地震が続いてるのに川内原発は停止する気配がない。玄海原発は停止してるが、放射線量に変わりはないのか。心配なので、このアプリをオススメしたい。各地のモニタリングポストのデータを見れるアプリ。モニタリングポストの数値に変化がないかを確認することが重要。直近30日、90日、180日、360日のデータを見られる。
20160416_183605

2016年4月16日 For Non-Japanese Speakers

If you have Non-Japanese speaker friends or relatives in Kumamoto Prefecture, Please inform them.
中文的地震信息和,外國人的地震避難所
KUMAMOTO International Center has opened its facility as an EMARGENCY SHELTER FOR THE ERATHQUAKE.
The information is Japanese, English and Chinese for now. They are arranging with Muslim, Bangladesh, Filipino, Korean community leaders.
For more information for the shelter and earthquakes are below.
20160416_183242

2016年4月15日 日本基督教団 九州教区公式サイト

 日本基督教団九州教区の公式サイトに最新情報が掲載されています。共有してください。トップの「2016年4月15日 地震後の報告を掲載しました。」をクリック。

2016年4月15日 別府教会牧師の庄司宜充さんが現地へ

 別府教会牧師の庄司さんが早速報告してくれています。ありがとうございます。どうぞ気を付けて。
======================
庄司 宜充 昨日 8:55 ·
熊本県増木町を震源とした地震について
・熊本白河教会…教会・幼稚園無事ただし礼拝堂の瓦数枚が落ちた。免震構造のために無事だった。幼稚園の家族はだいたいマンションだったから無事。教会員も連絡取れたとのこと。
・熊本草場町教会…街道は無事だったが、パイプオルガンのパイプが全部倒れた。
・錦ケ丘教会…礼拝堂、牧師館無事。中のものが倒れて今日は一日整理になる予定。教会員に益城3家族。2家族は連絡取れて無事を確認。避難所にいるとのこと。1家族夫妻と連絡取れず。確認のために本日益城町の避難所に行くとのこと。
・熊本城東…牧師家族避難して無事。会堂明るくなってから。
・武蔵ケ丘教会…神田先生がバイクで教会員など安否確認教会員、教会無事
・隈府教会…会堂、牧師、教会員無事
・合志豊岡…会堂、牧師。教会員無事
今のところ分かっている分です。

2016年4月14日 熊本で地震!

 九州、中国、四国にたくさんの友人がいます。それぞれの地域の皆さんの無事を祈ります。そして、渦中にありながら情報収集し、安否確認している皆さんのお働きが守られるように、そのお働きが支えられるように祈ります。必要なこと、お知らせください。

2016年4月 8日 (金)

2016年4月6日 敬和学園高校の入学祝福礼拝

 新潟のキリスト教主義学校、敬和学園高校の入学祝福礼拝に出席させていただきました。途中の高速は大雨で心配しましたが、こんなに快晴! 新入生の皆さん、保護者の皆さんおめでとうございます。新入生代表のご挨拶にも感動。教職員の皆さんのお働きが祝されるよう祈ります。共通のお友だちも多いのでここに掲載しときますね。同校のサイトは下記をクリック!

1_2 Photo_9 Photo_10

2016年4月4日 米国で「フクシマ報告」を担当

 神戸の皆さんとの嬉しく濃密な再会を経て、昨晩無事に会津若松に帰還したのは既報の通り。明けて本日から米国サンフランシスコ、ロサンジェルス、クリーヴランド、インディアナポリスへ…。会津放射能情報センターの活動報告および「フクシマの現状と課題」をがっつり伝えてきます。マサシと同行二人で嬉しい旅です。無事の帰国を心から、切に、本気で祈っています。行ってらっしゃい。

1 Photo_7 Photo_8

2016年4月3日 おめでとう! 礼拝で派遣の祈り

 生まれる前から若松栄町教会の祈りに憶えられてきた大切な生命、こんなに大きくなりました。今週、会津若松から新潟の敬和学園高校へ。おめでとう! たくさんの出会いを味わえるよう心から祈ります。出発前、礼拝で祈り送り出します。同校在学生卒業生の保護者とも記念撮影。よしっ! 行ってらっしゃい!

Photo_4 Photo_5 Photo_6

2016年4月3日 ふくしまこうべ子どもプログラム 無事帰還!

 神戸の皆さん、本当にありがとう。夕刻、ここ会津若松に無事帰還しました。三男も四男も姪っ子も合流し、濃密な時を過ごしました。神戸の皆さん、本当にありがとう! で、本日神戸から無事帰還した連れ合い、明日からアメリカへ…。会津放射能情報センターをお支えくださる米国合同教会はじめ各地で「フクシマ報告」を担当します。安心してください、留守はしっかり守りますから…。行ってらっしゃい。

Photo Photo_2 Photo_3

2016年4月 3日 (日)

2016年4月2日 不当逮捕から解放!

 現場の皆さん、励ましと共働に感謝いたします。解放直後のご本人の発言および弁護士の状況説明の動画です。必見!

20160403_92140

2016年4月 2日 (土)

2016年4月1日 不当逮捕に抗議!

 辺野古でカヌーを漕ぎ続け行動する作家の不当逮捕! 抗議します!

20160402_200913 20160402_200801

2016年4月1日 会津放射能情報センター活動報告会

 神戸に滞在中、おとなの皆さんに「フクシマ報告会」を開催できることになりました。継続したお支えと励ましに感謝いたします。もちろん入場無料。教会関係者だけでなく、フクシマを憶えていてくださる全ての方に公開されています。ぜひどうぞ。

12898227_1012453348835364_880403299

2016年3月31日 浜矩子さん講演会 九条の会 会津若松創立10周年記念

 「九条の会」会津若松の創立10周年記念講演会に浜矩子さんが登壇! ええ、あの浜さんです。ご多忙な中、九条の会のために日程調整くださりありがとうございます。礼拝堂の催しで最多記録を更新か! 二階席も教育館も満杯の280名が「浜矩子節」を堪能。アホノミクスに代表されるこの国に満ちる「悪意」をばっさり斬ると共に、私たちが携える三つの道具にも言及。弱く小さくされている人びとに「傾聴する耳」「共に涙を流す目」「差し伸べる手」こそがアホノミクスを乗り越えることができる道具だ、と。絶望的状況から希望へと誘い励まされる良き集会でした。画像をどうぞ。ありがとうございます。

Photo_17 Photo_18 Photo_19

2016年3月30日 ふくしまこうべ子どもプログラム

 春も夏もフクシマの子どもたちを迎えてくださる神戸の教会の皆さん、ありがとうございます。本日から会津放射能情報センターの子ども6名が春の神戸で過ごします。行ってらっしゃい。どうぞよろしく〜。

Photo_14 Photo_15 Photo_16

2016年3月29日 宣教師会議 in 仙台

 世界の各地から宣教師として滞日してくださる皆さんの会議に招かれ、会津放射能情報センター代表が「放射能汚染の実態と課題」について講演を担当。宣教師会議前にエマオの朝ミーティングに合流。おそらく「最多リピーター」のヨコタとも再会、今回はお連れ合いとお嬢さまも同行してくれました。繰り返しありがとう! さゆりさんとエイブラハムには毎週のように会ってますね〜。宣教師会議での参加者の真剣な傾聴、そして質疑応答と分団での活発な発言にこちらこそ励まされます。ありがとう。連帯!

Photo_12 Photo_13 3_3

2016年3月27日 イースター・パーティー

 礼拝の後は、もちろんパーティー。準備してくださった皆さん、毎年ありがとう。お腹ぱんぱんです。いつもは礼拝の中ですが、今月はパーティーで4月誕生者の愛唱讃美歌プレゼント。5人の皆さんのお誕生日を憶えてみんなの歌声をプレゼントしました。子どもたちの進級祝福式ではみんなしっかりスピーチ、素敵すてき。もちろん礼拝堂でのエッグハント(タマゴ探し)と「ま〜るいタマゴダンス」も。さあ、もう春です。よしっ!

Photo_6 Photo_7 Photo_8
Photo_9 Photo_10 Photo_11

2016年3月27日 イースター(復活祭)礼拝

 イエス・キリストが十字架に架けられたあと、三日目に墓から復活した教会のお祭りイースター。この日を記念し日曜日に礼拝を捧げるようになりました。聖歌隊と会津子どもクワイアの献歌も素敵です。礼拝のなかで「子ども祝福の祈り」も…。みんな、元気でしっかりぼちぼち生きていこうね〜。前日はゴスペルライブのため31年目にして牧師が牧師館でしこしこタマゴを準備。2個割れてしまい全部で108個のイースターエッグ。これは牧師の煩悩の数か…。手編みニットのニワトリ・カバーがおかんから送られてきたので、子どもと女性会の皆さんにプレゼント。おかん、おおきに。とても喜ばれていますよ〜。

3_2 2 4

2016年3月26日 ゴスペルライブ 2016 The Roots

 礼拝堂で練習を重ねる三つのゴスペルクワイア、それぞれのルーツを大切にしよう、と毎年3月に礼拝堂でのライブを重ねています。秋のOne Voice Aizuは1,200名の會津風雅堂ホール、春のRoots Liveは120名の礼拝堂。どちらも大切で素敵でド迫力のライブです。ええ、今年も大盛況! おめでとう、ありがとう!

Photo_4 Photo_5 3

2016年3月20日 ドイツからのロウソク

 長男がドイツの教会会議に派遣され、そこから託されたロウソクを灯し礼拝を献げました。会津子どもクワイア(ACC)は26日(土)礼拝堂のゴスペルライブRoots Liveに備えています。なんと四歳でACCの発足メンバーであり、その後AMCでもバンドでも大活躍のヒナちゃんは明日から関西人に…。ヒナちゃんを憶え、礼拝で「派遣の祈り」を献げて送り出します。関西の皆さん、娘をよろしく! 以下ロウソク・ノートから抜粋。
========
 ドイツに派遣された片岡平和の出身教会が、ここ若松栄町教会です。創立1894年で日本の千円札の野口英世もここで受洗しました。一般礼拝はもちろん、その前の教会学校(子どもの礼拝)でもロウソクを灯し、ドイツの会議に連なった世界中の皆さんの祈りに私たちの祈りを重ね合わせました。
 受難節には講壇の十字架に主イエスの血を想い赤い布を、復活祭には墓に置かれた亜麻布を掲げます。この教会には三つのゴスペルクワイアがあり、子どもたちは3月26日(土)の本番に向けて練習を重ねています。子どもたちが祈りを込めて次頁に署名しました。ありがとう。
Photo Photo_2 Photo_3

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »