2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年3月

2015年3月 7日 (土)

2015年3月7日 「真珠の会」総会で辺野古の報告

 会津若松で精力的に活動を展開する平和運動グループ「真珠の会」で四男が辺野古の現状を報告。演題「辺野古で僕は捕まった!」。うむ…よくやった。『週刊プレイボーイ』最新号に2月22日ドキュメントも掲載されています。必読!
11034205_816205625126805_5644857001 11041785_816205701793464_7473072107 10687_816205695126798_21851406483_2

2015年3月3日 卒業祝福礼拝

 新潟のキリスト教主義学校の「卒業祝福礼拝(卒業式)」に嬉しく出席してきました。Facebookのお友だちにも同校関係者が多いので、ご本人たちの了解を得て、ここに画像を貼り付けておきます。卒業生とご家族の皆さん、おめでとうございます。濃ゆい寮務教師の皆さん、ありがとうございます。

11017052_813490475398320_3988687358 10998391_813490472064987_6780592529 10006992_813490355398332_6772324032

2015年3月1日 朋友シンが辺野古へ

 朋友シンが辺野古に入ります。牧師で園長のシンに園児から激励のメッセージとカンパ。シェアさしてもらう。
「せんそうでしぬよりか、いいしにかたあるのに。それは おじいちゃんおばあちゃんになって しぬほうがいいのに。じゅごんとか しぬからいやや。せんそうとめるの がんばって。せんせい おねがいします」。
 泣ける…。連帯!
10917385_828199603927207_4365016401

2015年2月24日〜26日 ふくしま・こうべ子どもプログラム現地研修

 フクシマの子どもたちを毎夏迎えてくださる神戸の皆さん、ありがとう! 神戸から6名のお友だちが「迎えるだけでなく訪ねよう」と現地研修でご来訪くださいました。24日朝、仙台空港で合流、そこから国道6号線を南下し「通行証」を示して小高伝道所と浪江伝道所へ。地震・津波・原発事故の複合災害の現場は、いまこの時もこのような状態です。その後、田村市を経由して会津若松の「会津放射能情報センター」へ到着。夜は放射線量測定のレクチャ。翌日は朝から会津放射能情報センター代表の主題講演に続き、自主避難者・強制避難者・会津在住子育てのお母さんの証言に傾聴してくれました。さらに食品放射線量測定のレクチャ。夜は子どもプログラム参加者との再会交流会。濃密で意味深い時を共有できて嬉しい時でした。ありがとう。

10411847_811264672287567_9036896176 10411167_811264888954212_4033135623 10931724_811264675620900_5907820299
10410895_811264975620870_11045390_2 10425353_811265925620775_7682153866 11012375_811266895620678_6512568647

2015年2月22日 教会学校おもちつき会

 毎年この季節は教会学校主催のおもちつき会。嬉しいね、美味しいね〜。「年齢の数だけつく」のは10歳まで…と限定。50肩に年齢分は無理! もちろんここ会津では定番の「納豆餅」も絶品です。はい、しっかり生きていこう!
11021103_811263612287673_5608684128 11011582_811263798954321_5142613152 11021268_811264032287631_5652774095
1488081_811264205620947_27981265397 11077_811263428954358_6996693978500 10958994_811263468954354_2115148292

2015年2月20日 『こころの友』最新号

  お友だちの編集者が掲載してくれました。イチカワさん、いつもありがとう。シェアさしてもらいますね。

●こころの友 月刊 タブロイド判 <発売>2月9日 36円税込
 キリスト教界では知っている人も多い、福島・会津の片岡輝美さん。彼女の働きをクリスチャンの世界だけでなく、もっと多くの人に伝えたく、このたび、ご登場いただきました。それは原発問題を通して、いのちと真正面から向き合うことが今、本当に必要ではないかと思うからです。ひとりの母親としてもステキな輝美さんにあらためて取材できて、ラッキーでした☆

◆この人を訪ねて
「自分の言葉で平和を語る」会津放射能情報センター代表片岡輝美(かたおか てるみ)さん
 主に福島県の放射能汚染の現状を発信している、会津放射能情報センターの代表として活躍する輝美さん。これまでの学びや仲間との連携について聞いた。

11025967_813594528675905_88192338_2

2015年2月19日 西ぬ家〜那覇空港〜仙台

 後ろ髪を引かれながら名護バスセンターから那覇空港、そして仙台へ。最後の昼食はもちろんこれ。ポーク玉子おにぎりは通算15個いただいたかな。大荷物を転がしながら仙台空港から市内へ。明日からまたまた委員会モードに突入です。仙台を実感するお馴染みの店で、旅を思い起こしながら自分に乾杯。意味深い時でした。オキナワを憶えつつ、フクシマで示されている現実にまた向き合います。勇気づけられます。励まされます。連帯!

10993091_808251352588899_7915183234 10987380_808251405922227_2643950812 10676197_808251349255566_1798608963

2015年2月18日 海上のゆんたく〜シュワブゲート前〜歌うきむきがん〜妨害する石垣市議〜名護市議岸本直也

 琉球新報に昨日の不当拘束が掲載されています。ユリさんとサルの間からビデオ撮影しているのがおれの青い右手…。左端で身体を押さえつけられているのが同乗のヤマヒデさん、サルに踏まれるおれの黄色デイパック…。前日の緊張が蘇り、やはりユリさんと汀間漁協を出帆。ところが…サルのGBは本日一隻も出ず。穏やかな海、心地よい風のなか辺野古ブルーは外側フロートを越え内側も楽々越えて、波間を滑るように進みます。やがてスパット台船の下まで到着、さらに海保巡視船やGBの浮き桟橋を経て、なんとシュワブ浜まで到達。昨日の攻防が嘘のようです。ええ、確かに「嘘」です。法的根拠があるなら海保の対応は前日同様であるはず。違法拘束と拉致の証左です。船団とカヌーのみんなが穏やかににこやかに海上でまったりゆんたく。お茶を飲みお菓子をいただき、本当に素敵な時を過ごしました。本来の海の姿、大浦湾の情景が確かに今朝はここにあります。辺野古ブルーはそこから長島平島へ。うわあ、凄い! これだけの距離を漕いでゆくのか! 感動! みんなは大潮で現れた平島の浜でランチタイムを満喫したとのこと。おれとジョオは船を降りてゲート前行動に合流。滋賀県の歌姫きむきがんと再会しました。時間を整え交通費を貯めて辺野古に通い続けるアーティストきむきがん! よしっ! しっかり撮影したぞ。と、その直後、なんと集会を妨害する一団が道路の向こう側に。「海保ガンバレ」「石垣市議会有志の会」のノボリ、揃いの青色ジャケット。おいおい、なんちゅうこと! ゲート前の抗議行動メンバーが詰め寄り問い糾し、スゴスゴと退散。その場で判明したのはこの一団を手引きしたのが、名護市議の岸本直也という人物。岸本は米軍基地内に駐車し、その車両で現場から退散しようとしたのです。基地に抗議する人びとを、決して中には入れない名護警察署と米軍。しかし、基地を擁護容認推進する岸本は、許可証なしに自由に出入りしている現実。あからさまなこの事実に猛抗議し、座り込み抵抗する人びと。岸本はそれにより別ゲートから逃走しました。今後市議会で追及されること必至です。さらに同時刻、基地内作業の車輌を同様に座り込みで止める抗議メンバーも。オキナワの日常、情景です。言うまでもありません。「米軍基地さえなければ…」。お世話になった西ぬ家の最後の夜、嬉しい夕食でした。にふぇーでーびる。

10599642_808247545922613_8708638772 10989128_808248912589143_2850893303 1795512_808248882589146_78595256140
644397_808249312589103_659255608180 1506930_808249489255752_23314025788 10359496_808250655922302_1917291152

2015年2月17日 海保の海猿たちとの攻防〜不当拘束まさに拉致

 午前5時30分、やはりアラーム前から起きてしまう。午前7時30分にカヌーメンバーと船長たちがミーティング。カズナリさんは船長リーダー、コウブンさんはカヌーリーダー。しっかり仕切っておられます。海上行動も含め共同代表のアシトミさんが檄を飛ばします。うむ、凄いすごい。カヌーは瀬嵩浜から、船は汀間漁協から出帆。おれは船長ユリさんの「美ら海」に助手として同乗させてもらいます。フェンダーは緩衝材、ペラはスクリュー、アンカーは錨ね…。了解しました。瀬嵩から漕ぎ出すカヌーを眺め、胸が熱くなります。太陽、風、波しぶき、海の色…。フロート(浮き)とオイルフェンスを果敢に越えてゆく辺野古ブルー18名の最年少は19歳キボー、そして20代から60代まで多様な人びとが自らの意志で漕ぎ出します。これまで歩んできた人生も置かれている状況も異なる人びとが「大浦湾に新基地は作らせない」一点でひとつになり、沖に漕ぎ出すのです。法的根拠も拘束力もない区域から排除しようと、民間警備員と海保が拡声器で「警告と恫喝」を繰り返します。エンジンを二基搭載した海保のGB(ゴムボート)が唸りを上げてかき回す海、その大波に翻弄されるカヌー。『圧殺の海』でスクリーンに投影された光景が今おれの目の前に! 震える…。そしてユリ船長の「美ら海」にも乗り込んでくる海保のサルたち。ユリさんが猛抗議し降船を求めるが、一向に応じないサル。現場を録画するビデオを回すおれの手を掴むサル。つぎつぎと確保拘束されるカヌー…。圧倒的な力で全てのカヌーが午前10時に確保されました。外側フロートまで連行し、ここから瀬嵩浜まで帰れという海保、拘束した地点まで返せとGBからの降船を拒むカヌーメンバー。船長カズナリさんも猛抗議し解放を求めるが決して応じない海保。そこから実に午後4時まで、海上で6時間におよぶ睨み合いが続きました。前述のように拘束される根拠はありません。海保は「危険ですから。皆さんの安全のためですから。」と繰り返すのみ。6時間、食事もトイレも許されずまさに「生」が脅かされます。なにが危険か! 危険なのは「米軍基地」だろう! ゲート前の仲間たち80名が瀬嵩浜に移動、拘束されたカヌーを励まし海保に抗議を続けます。その声がカヌーにも美ら海にも届いています。午後4時前に汀間漁港に場所を移し、海保はここで解放すると通告。そこでもカヌーは挫けず「お前たちが拘束した地点まで返せ」と降船せず。そしてこちらの要求をのみ午後4時過ぎにやっと海上で解放されるに至りました。サンゴを押しつぶす巨大な違法トンブロック、海保の恫喝と暴力、不法拘束。「ええ、私が『海保太郎』です」とふざけた発言をするサル。覆面をしたまま素顔を晒さないサル。決して忘れません。

1002686_808243592589675_187864482_2 10996155_808244185922949_61880751_2 10991239_808244512589583_3600141186
11021057_808245179256183_2493561442 10993419_808245705922797_3738582599 11013548_808246069256094_3261093287

2015年2月16日 公設市場〜那覇空港〜名護バスセンター〜西ぬ家

 研修旅行はこの日まで。ホテルを出立すると「島ぐるみ辺野古バス」の皆さんと遭遇。こちらのレンタカー車内から「連帯エール」を送るとバス車内からも手を振って応える皆さん。ありがとうございます、励まされます。お馴染みの海想から壺屋横丁、そして公設市場へ。活気あるね〜。穴場の「パラソル通り」がお奨めです。いよいよ皆さんを那覇空港までお連れし、おれは高速バスで名護を目指します。バスセンターで船長ユリさんが迎えてくださり、A&Wのカズナリさんと初対面。本当にありがとうございます。リク、ジョオとも再会しキボーが滞在する「西ぬ家(いりぬや)」に潜り込みます。本日からお世話になります。

10987380_808242995923068_6517316165 10991116_808243055923062_7838942954 10987380_808243192589715_5907474555
10995536_808243265923041_2491993017 10501783_808243332589701_4787637158 10622904_808243355923032_3660962632

2015年2月15日 佐敷教会〜フクシマ報告会〜シュワブゲート前

 日曜は6名がそれぞれの教会で主日礼拝。キクチさんを真和志教会、マサタカを西原教会に送り届け、おれは例によってハジメさんの佐敷教会へ。同教会の子ども「戦争責任告白」やキタシロさんの牧会祈祷、ハジメさんの宣教にも深く感動。この教会は「オキナワにある教会」をしっかりと生きていることを実感。前夜要請されたので、もちろん喜んでフクシマ報告を担当させていただきました。オキナワとフクシマを憶え続けてくださることに励まされます。ありがとうございます。で、午後1時30分にフリーになりどうしようか。今から首里城公園に行ってもな…。尋ねると辺野古まで車で1時間強とのこと、ええい、行ってまえ! 単独で再びシュワブゲート前へ。おりしも辺野古ブルー(カヌーチーム)がアピールしてました。前日キボーが初めてカヌーのまま新型フロートを乗り越えたと。よしっ。ここでYWCAの皆さんとお会いでき、再会を喜びました。素敵な歌声ありがとうございます。キボーの親友リクとも再会。高江ではすれ違いだったね。リクの旅も守られるように。

10998398_808242035923164_7082391632 10269550_808242095923158_8989416067 11007731_808242115923156_5803852745
11001768_808242205923147_5205708532 10422345_808242235923144_2577571568 10991095_808242399256461_5283735914

2015年2月14日 ビーチ〜南風原〜アブチラガマ〜真壁ちなー〜摩文仁〜荒崎海岸〜瀬長島

 早朝、夜明け前にトロピカルビーチへ。マサタカとキクチさんは元気に朝の運動、あほや…。キョウコさんの運転と案内で南部戦跡の一日です。南風原平和資料館から陸軍病院壕、糸数壕を経て昼食は真壁ちなーで。平和祈念公園、魂魄の塔、荒崎海岸で海風にあたりキョウコさんとはここでお別れ。ありがとうございます。レンタカーに乗り換えて瀬長島でしばしほっくらしました。夕食後、元気な参加者の要請で、ライブハウスをご案内。県知事選のあれこれで少し躊躇ったのですが、まあ今夜はよしとしよう。お馴染みの曲に聴き入り、カチャーシーで盛り上がりました。またもや、むりくりお願いしてピックをもらった記念の画像も。

541631_808240352589999_553544292128 10361382_808240965923271_8043490152 10981923_808241012589933_4552232030
10994458_808241059256595_4550072434 11008094_808241205923247_5907765276 10982175_808241599256541_3697376079

2015年2月13日 辺野古浜〜キャンプシュワブ前〜高江〜名護警察署〜道の駅かでな

 この日のために取得した「中型免許」です! セミナーハウスの15人乗りバンをお借りしガイド兼ドライバーの一日です。辺野古テントの皆さんと再会を喜び、参加者は辺野古の非暴力座り込み抵抗の歴史のレクチャーを受講。おや? 第二テントで声が…。辺野古ブルー(カヌーチーム)の四男キボーとここで再会。うむ、活かされてること可愛がられていることを確認。チームの皆さん、本当にありがとうございます。参加者を浜に案内し四男からも活動報告、しっかりやれよ。そこからキャンプシュワブゲート前へ移動し団長キクチさんが連帯の挨拶。エツミさんや日本山妙法寺上人とも再会できました。朝、ヒロジさんと仲間が拘束逮捕された…と聴き、心配しつつとにかく高江へ。ヘリパッド反対テントで高江の取り組みを聴講し、名護を経て嘉手納へ。名護を通過中なにやら抗議の集団が…。ああ! 名護署前で逮捕の抗議行動中だ! 急遽バンを駐車し合流すると、ここでもお友だち多数と再会。突然アピールを求められましたので僭越ながら…。「平和自由正義希望の父です。夫婦にないものを名付けた…と悪友から言われますが、平和自由正義希望がないのは、ここ名護警察署だ!」。久しぶりの歓声と拍手にこちらこそ感謝。翌日釈放されたことを聴き安心しつつも怒りに震えます。ここから嘉手納へ。道の駅から基地のあまりの広さを実感。夕食はお馴染みの大学へ。

11002486_808239415923426_1191184023 10419577_808239999256701_3026610567 10944861_808239532590081_2599349280
10168183_808239625923405_1432587261 10456820_808239675923400_8335294219 10431464_808239765923391_2912859600

2015年2月12日 仙台〜那覇空港〜嘉数高地〜普天間飛行場〜沖縄国際大学〜ぎのわんセミナーハウス

 仙台空港で現地研修参加者と合流。皆さん、どうぞよろしくお願いします。前日の会津若松はマイナス4℃、那覇は20℃でいきなりジャケットがお荷物に。ヨシコさんのお迎えで嘉数へ。佐真下ゲート脇をフェンス沿いに進み目の前のオスプレイを確認。石を投げれば届く距離やな…。二泊はセミナーハウスでお世話になります。

11001905_808238805923487_5898501861 10615377_808238902590144_7874644751 10989301_808239042590130_2801716498

2015年2月11日 会津若松 〜 仙台

 とにかく仙台に向かわねば。普段は愛車で空港に行くのですが、車屋さんに預け留守中の調整を依頼し高速バスで仙台入り。オキナワ入りに備えこの日は仙台に宿泊です。

10168160_808238645923503_1420308190 10389697_808238649256836_7470857900 553332_808238632590171_384496501322

2015年2月9日 2月9日は「エゾシカ肉の日」

 この日は「肉の日」。主日礼拝メンバーの「歌姫」Sammyから嬉しい美味しい差し入れがあり、しっかりいただきました。ええ、巨大な「エゾシカのブロック肉」です! 生まれて初めてでどないしょ…と思案し、とにかくシンプルに塩コショウ。そして飲み始めていたカリフォルニア・ワインで蒸し焼きに。鰹のタタキのイメージですね。外はこんがり中はレア。うひゃあ、絶品です! ええい、寒ブリもいってまえ! ということで、留守番の9日夕食は膨大なタンパク質三昧でした。で…本日10日に「公務」から無事帰還した連れ合いにも、蘊蓄たれながら前夜と同じメニューを。本当にご馳走さまです。そう一昨日には煮卵も12個作ったよ。ぷぷ。「生命短し食せよ乙女」。よしっ、長生きしよ〜。

10984161_802347896512578_6399180072 10525803_802348056512562_2811857218 10983387_802348069845894_8985642224

2015年2月8日 「九条の会」西栄町学習会10周年記念公開学習会

 とても意味深い時を過ごしました。先の「辺野古の五名の船長報告会」を企画した「九条の会」西栄町学習会の連続企画です。2005年2月の発足から毎月定例会を重ね遂に10周年を迎えました。ご存じのようにこの学習会が会津放射能情報センター設立の原動力に。『神は細部に宿りたもう〜民主主義を生み出した市民に学ぶ』を主題に学習会専任講師の渡邉規雄さんが二時間にも及ぶ濃密な講義を担当。うむ、凄いすごい! 脳ミソ全開の刺激的な講義に参加者全員、励まされています。「平和の武器は学習。平和の最大の敵は無関心 by 阿波根昌鴻」。とても一回では終わらず…で、継続することが決まりました。辺野古のこと、原発のこと、いわゆる「富国強兵」など…思索・学習と共に、行動することの意味を深く示されています。連帯!

10402883_801321463281888_6554829273 10984304_801321523281882_7122500216 10421519_801321836615184_3624361518

2015年2月3日 『人間に光あれ』出版記念会

 運営委員会終了後、秋に出版された『人間に光あれ』の出版記念会。編集担当者である師匠と親分、お務めご苦労さまです。ありがとうございます。とにかく会津若松の雪が心配で今回もとんぼ返り、でも雪片しは不要でひと安心…。ふう。

10847793_799231253490909_2478140267 10527878_799231256824242_7834124978 10959430_799231413490893_1280919150

2015年2月2日〜3日 教団部落解放センター運営委員会

 午前6時に会津若松を出立し正午に大阪到着。年二回の教団部落解放センター運営委員会へ。全国から集合したメンバーと意味深い時を過ごしました。委員会前にEMS(ドイツ連帯福音宣教会)との交流プログラム報告会が行われ、EMSのサビーネさんからも連帯の挨拶。大阪教区事務所でバイト中の三男とも再会しました。ええ、元気です。

10945514_799230936824274_1051986833 1501675_799230930157608_48848832062 10370373_799230993490935_8313565326

2015年1月25日 愛唱讃美歌プレゼント

 来月誕生日を迎える皆さんを憶えてプレゼントを贈呈。ええ、毎回ご紹介している「愛唱讃美歌」を歌声でプレゼントするのです。F.E.さんリクエストの讃美歌を贈りました。おめでとう。そして長男のKくん、五男のAくんも誕生日を迎えますからみんなで♪Happy Birthday♪を熱唱。おめでとう! 元気に大きくなれるように。そしていつものように礼拝後はみんなで嬉しい昼食とお茶会。さあ、しっかり生きていこう。

Photo_7 Photo_8 Photo_9

2015年1月24日 『圧殺の海』上映会 & 監督トークライブ

 上映会と監督トークを目指して福島市へ。これまで多様なドキュメンタリーを観てきましたが、本作品も圧巻。一昨日お会いした辺野古船長たちもがっつり出演しておられます。船長報告会で海保の暴力の実態は知らされてましたが、動画だとそれらはさらに迫ってきます。船長はじめたくさんの友人たち、そして三男四男も映し出される画面に隣りの連れ合いの涙止まらず…。上映会会場で立ち上がって「こらぁ! 海保! うちの息子に、大切な仲間たちに何をしてるんだ!」と叫び出しそうになったとのこと…。カヌー隊の四男が海保に確保されたその瞬間の画面キャプチャも再掲載しときます。ドキュメンタリーとしても極めて完成度の高い作品です。109分間の作品中ナレーションは殆どありません。作品そのものが実録記録として完成しています。あ…ちなみに本日は三男の誕生日。ええ、私たち夫婦にも本当に良き記念日となりました。託された生命をこれからもしっかり生き抜けるように、挫けず諦めずに生きていけるように。

10338301_794005080680193_6117765048 10413400_794005037346864_5220305461 10896935_794005157346852_4480052512

2015年1月22日 辺野古の船長「緊急報告会」夜の部

 夜の部にも34名が来場。オキナワに強いている現実に共に向き合います。ええ、もちろんここフクシマとは遠距離です。けれども、とても近くに感じています。ご一行は23日朝、会津若松を出立し大船渡へ。どうぞ気を付けて! またの再会を楽しみにしています。連帯!

10947219_793395530741148_7660042100 10931320_793395610741140_4004486065 10420380_793396157407752_7726069125

2015年1月22日 辺野古の船長「緊急報告会」昼の部

 「九条の会」西栄町学習会発足10周年記念企画です。五名の辺野古の船長をお迎えして報告会を開催。それぞれが担当内容を分担し、多角的重層的に解説と報告を担ってくれました。34名の来場者と共に濃密で意味ある時を共有できたことに感謝いたします。にふぇーでーびる。

10947351_793501237397244_4952293738 10896880_793394330741268_8374798506 10940561_793394524074582_5458930648

2015年1月17日 特定秘密保護法に抗して

 「真珠の会(高橋眞美会長)」主催の学習会を礼拝堂で開催、講師は会津若松在住の小池達哉弁護士。がっつりと学び抗っていきましょう。オキナワ辺野古の5人の船長集会もしっかりアピールしてます。連帯!

Photo_4 Photo_5 Photo_6

2015年1月13日 雪片しのない朝

 昨年12月14日から毎朝、そう…日曜早朝もクリスマスも大晦日もお正月も一日も欠かさず続けている雪片しに、遂にお休みが! 東北教区伝道研修会と教師研修会で仙台に滞在し、例によって出掛ける当日も午前6時から二時間の雪片し。研修会講師は久しぶりに再会したカツキ大先生です。国内外で大活躍ですね〜。連れ合いも韓国での研修以来の再会で、とても意味深い研修会となりました。おおきにありがとう。翌朝の仙台は快晴、もちろん雪なしで本当に久しぶりの「雪片しをしない朝」となりました。当然、朝風呂を満喫。ふう…。

Photo Photo_2 Photo_3

« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »