2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

2014年9月28日 愛唱讃美歌プレゼント

 毎月第四主日礼拝直後の恒例となっています。翌月にお誕生日を迎える皆さんの「愛唱讃美歌」をみんなで歌ってプレゼント。で…大変失礼しました。週報に掲載していなかったお二人が10月誕生者! あまりに近すぎて…。そしてどちらもここFacebookでのお友だち。えらいすんません。Sammy、来年は54年版讃美歌516番を準備しますね。はるかちゃんは子どもの頃から歌い続けたこの歌を選んでくれました。おめでとう。どうぞ良き一年を〜。

2_2 1_2 3

辺野古で一ヶ月…お世話になりました!

 オキナワの皆さん、とりわけ辺野古でお世話になった皆さん、四男を鍛えてくださりありがとうございます。一ヶ月間、本当にお世話になりました。あ…まだまだ再会があるようですが…。またお世話になります。自動車免許よりも先に船舶免許が必要やな…。にふぇーでーびる!

※佐敷教会の金井創牧師Facebookから引用
 片岡希望くん、今日が最後です。辺野古での一ヶ月お疲れ様でした。一ヶ月前も同じ場所で写真を撮りました。あの時は白かったねえ。教会のツル子さんがしっかり抱きついて、うらやましい! 左が佐敷教会での最後の礼拝、右が一ヶ月前の最初の礼拝の画像です。
Photo Photo_2

知念優幸くん at 参議院会館

首都圏在住の皆さん
 ぜひ、お時間を整えてご出席ください。関東に住んでいても、あなたができる「具体的な共働の営み」です。ぜひどうぞ!
■参議院議員会館で活動報告会を開催します!
日時:10月9日(木)17時30分開場、18時開始、19時30分終了予定
場所:参議院議員会館1階101会議室 参加費無料
全国一人旅のこれまでの活動の様子はFacebookページをご覧ください
知念優幸の全国一人旅 http://tinyurl.com/lzf3wkt
主催:全国一人旅活動報告in東京 実行委員会
共催:福島みずほ議員事務所
問合せ:03-6550-1111(福島みずほ議員事務所・池田)
【取材記事】
2014年5月15日『沖縄タイムス』復帰42年 平和とは 沖縄の22歳本土に問う旅
2014年7月16日『琉球新報』基地阻止 若者諦めず
キリ学3年・知念さん、全国行脚し訴え
【都内滞在中の主な講演予定】
10月11日(土)13時30分〜15時30分 講演@横浜YWCA
10月14日(火)10時〜12時 講演@農村伝道神学校
10月15日(水)19時〜21時 講演@東京YWCA
10月18日(土)13時〜15時30分 講演@日本キリスト教団巣鴨ときわ教会
1 2

2014年9月27日 (土)

2014年9月26日 知念優幸くん「ヤマト 一周 ひとり旅」その2

 知念くんの平和集会その2を会津地区主催で開催。夜の集会ですが、オキナワの今に心を寄せる会津の諸教会のメンバーを中心に集まりました。知念くんは本日会津放射能情報センター役員と共に高橋哲哉さんの講演会に出席した後、関東教区へ移動します。仙台エマオでの二週間のボランティアワーク、会津放射能情報センターと仮設住居での現地研修、計4回の主題講演…と濃密な時を過ごしてくれました。「オキナワとフクシマ」の課題にこれからも共働しましょう。良き旅が守られるように、ご健康が支えられるように祈ります。にふぇーでーびる!

Photo Photo_2 Photo_3
Photo_4 Photo_5 Photo_6

2014年9月25日 (木)

2014年9月24日 会津放射能情報センターにゲスト

 今週二度目の仙台出張も無事完了、帰宅すると奥羽教区黒石教会から会津放射能情報センターにゲストが…。バスを乗り継いでセンターをお訪ねくださり、現地研修をたっぷりこなしてくれました。夕食は、もちろんお馴染みのお店へ。おおきにありがとう。

Photo_54 Photo_55 Photo_56

2014年9月21日 『琉球新報』掲載記事

 Facebookのお友だちであり辺野古で非暴力抵抗行動に共働してくれる宮城康博さんがテキストにおこしてくれました。同日の『琉球新報』に掲載された記事を転載させていただきます。連帯!
■危機感覚え辺野古へ/京都の大学生片岡希望さん/カヌー隊で抗議
 名護市辺野古の県民集会に参加したカヌー隊メンバーの片岡希望さん(18)。福島県出身の片岡さんは同志社大学(京都)の1年生。報道などで辺野古海域のボーリング調査着工を知った。「危機感を覚えた。(辺野古に)行かないといけないと思った」。夏休みを利用して辺野古を訪れ、カヌー隊の一員として海上から基地建設反対の声を上げている。
 片岡さんは両親の影響もあり以前から沖縄の基地問題と自分なりに向き合ってきた。基地建設について「命を育み、生み出す海を壊して、命を奪う基地を造るなんてばかげた行為としか思えない」と日に焼けた顔をしかめる。カヌーで海上に出るたびに思いは強くなった。「透き通った海に水族館で見るきれいな色の魚がいる。その海が壊れるなんて本当にもったいない」
 海上に出て気付いたことがもう一つある。県民同士を対立させる政府のやり口だ。「防衛局に雇われて警戒船として海上に出る海人(うみんちゅ)と基地建設に反対する県民。カヌー隊と海保もそう」。反対の意思表示を受け止めるべきは政府なのにもかかわらず、目の前の人と対峙(たいじ)する現実がある。「警戒船の海人が悪いわけではない。反対の気持ちはあるけど生活のためかもしれない。相手を見誤ってはいけないと気付かされた」と語った。(佐野真慈)
Photo_53

2014年9月21日 知念優幸くん「ヤマト 一周 ひとり旅」

 One Voice Aizuのスタッフとして働いてくれた知念くん。若松栄町教会の主日礼拝に出席し夕刻からの「九条の会」西栄町学習会主催集会を担当。主題講演、『標的の村』、ゆんたく(お喋り会)での質疑応答とたっぷり3時間の集会で意味深く過ごしました。よしっ! 連帯!

Photo_45 Img_1919 Photo_47
Photo_50 Photo_51 Photo_52

2014年9月17日 大学のセンセたちと

 西宮にあるキリスト教主義学校から二人の教授が会津放射能情報センターで現地研修。と、いうとなんだか堅いな…。要するに遠路お訪ねくださりフクシマの現状を学びつつも嬉しく夕食を共に…ということ。おれより上手で上品な日本語を操るお二人はアメリカ人とデンマーク人、「日本酒通」の外国人大学教授に店長が大喜びで、秘蔵の純米大吟醸を振る舞ってくれました。感謝感激やね。翌日も二人はセンターでたくさんの証言に傾聴してくれました。ありがとう〜。

Photo_42 Photo_43 Photo_44

2014年9月14日 再会! 台湾基督長老教会の陳くん

 コンピュータ単科大学で知られる県立会津大学への留学生、陳くんが台湾に帰国します。三ヶ月の短期留学の期間、欠かさず主日礼拝に出席してくれました。お祖父さまが台湾基督長老教会(PCT)の牧師だったとのこと。お別れの礼拝でみんなで「派遣の祈り」を捧げ、激励。陳くんは、しっかり立派に美しい日本語でご挨拶してくれました。どうぞ次回は長期留学してね〜。謝謝。再会。平安!

Photo_39 Photo_40 Photo_41

2014年9月10日 牧師は木を切る ♪ ヘイヘイホ〜 ♪ その2

 いつもとは逆コースで、今朝仙台を出立し白河インターからここ川谷保育園へ。午前中にこれまた濃ゆい会議でしたが、思わぬプレゼントが! 園長であり牧師でもあるShowちゃんと雑談中「うん? チェーンソウ? 二台あるから一台やろか? 」。うひゃあ! おおきにありがとう! ということで愛用機をプレゼントしてくれました。この牧師も木を切りまくってます…。帰宅し動作を確認。しっかり動きます。本日は点検のみ、後日実施報告します。おおきに。ちなみに「♪ヘイヘイホ〜♪その1」は下記をクリック!

Photo_34 Photo_35 Photo_36

2014年9月7日 教会創立120周年記念礼拝

 若松栄町教会は1894年9月10日に創立。直前の日曜に創立記念礼拝を捧げます。今年は特別な催し事は敢えてせず。でも、いつものようにいつもと変わらず、嬉しく意味深く礼拝を捧げました。あ! 子どもたちとの礼拝画像を忘れた! とほほ…。いつもアメリカからサプライズで登場するダグもありがとう。

Photo_31 Photo_32 Photo_33

2014年9月6日 会津木綿のストールお披露目

 随分前に、おかんから反物でプレゼントされた二種類の会津木綿。素朴で美しい柄なのでなんとかならんか…とずっと懸案事項にしてました。で、会津放射能情報センター副代表のキョウコさんがこんなに素敵に仕上げてくれました。うひゃあ、ありがとう! 感謝感激! 牧師のガウンに纏うストールです。起源には諸説ありますが、イエスキリストが弟子たちの足を洗った時に用いた「手拭い」をイメージしています。本日の結婚式でお披露目しました。新郎新婦は共に会津で生まれ幼なじみの同級生、これからも会津で生きていきます。もちろん会津木綿のエピソードを宣教に盛り込み、喜ばれました。会津木綿は本当に素敵です。「高貴」な人びとのものではなく、農作業にも用いられる庶民、民衆、すなわち人間の布です。汗を拭い、涙を拭くのが会津木綿です。「シルクのストール」とは対極にあります。ありがとう、おめでとう! ちなみに左の幅広はメキシコ先住民の刺繍もの、右は八重山ミンサー織りの着物の帯を連れ合いが縫い直してくれたもの。五つと四つの四角には深い意味「いつ(五)の世(四)までもあなたと共に」。インマヌエルやで〜!

Photo_28 Photo_29 Photo_30

2014年9月5日 昼下がりの聖書を読む会

 はい、夏の諸行事でお休みしてましたが、またまた「昼下がりの聖書を読む会」を再開。皆さんお元気で何よりです。そしてお馴染みの嬉しいスイーツあれこれ! ありがとう。美味しく嬉しく続けています。

Photo_25 Photo_26 Photo_27

2014年9月5日 FaceTimeで繋がった「前を向く四男」

 久しぶりに辺野古で鍛えられている四男の画像を見た。うむ…しっかりやれ! 父ちゃんも誉おじちゃんも「パトカー」には数え切れんほど確保されてきた。あ…お前の今回の「確保」とは意味合いは違うけど…。おれたちの信じてる神は、この確保を喜んでくれてるやろ。お前と同じ舟に、確かに一緒に乗ってくれてるやろ。下を向くな、うなだれるな。前を向け! ええぞ! 連帯!

 今朝午前5時にたまたま起きた四男とFaceTimeで会話…。辺野古沖のカヌーで日焼けした顔からパワーが溢れておりました。「海保に確保…」にも全然ヘコたれておりません。よしっ、連帯!
Photo_22 Photo_23 Photo_24

2014年8月31日 教会学校 焼きそばパーティー

 毎年恒例、8月最終日曜は教会学校主催の「焼きそばパーティー」。「暑い夏も元気に過ごせてありがとう、そして秋に向けてしっかり生きて行こう」をモットーに毎夏みんなで嬉しくいただきます。ああ、美味しいね〜。大人用にあれこれのソースも準備し、個人的にはベトナム・ソースがお気に入り。パーティーの後は会津子どもクワイアの延長練習、One Voice Aizuのスタッフミーティング、ライブプログラム撮影などなど。今日も嬉しい日曜日、ありがとう。

Photo_19 Photo_20 Photo_21

2014年8月24日 愛唱讃美歌プレゼント

 若松栄町教会では毎月第四日曜の礼拝後、翌月に誕生日を迎える皆さんにプレゼントを贈ります。ええ、モノではなく歌声なのです。それぞれの愛唱讃美歌にまつわるエピソードや選んだ理由、思い出などをスピーチしてもらい出席者の歌声でプレゼント。9月誕生者は多いね〜。遠方からお出かけくださったゲストにも誕生者が! ということで、もちろん飛び入りのプレゼントも。おめでとうございます。どうぞ良き一年を。

Photo_16 Photo_17 Photo_18

2014年8月22日 北海道の東林寺で保養 最終日

 嬉しく一緒に過ごしたRくんとOくんともお別れの最終日。元気で大きくなってね。遊んでくれてありがとうね〜。千歳空港に向かう途中、トウモロコシ畑へ。畑でいただくナマのトウモロコシ、うひゃあ、こんなに甘くてジューシーなんだ! 凄いすごい! 絶品です。穫ったばかりのトウモロコシ約120本をそのままプレゼントくださりこれまた感謝感激。収穫させてくださった農場の皆さん、ありがとうございます。名残惜しいけれど倶知安ともお別れです。楽しく嬉しく美味しく過ごしました。東林寺の皆さん、どうぞお元気で。そして「原子力行政を問い直す宗教者の会」に加わり支えてくださる皆さん、本当にありがとうございます。連帯!

Photo_13 Photo_14 Photo_15

2014年8月21日 北海道の東林寺で保養 第四日

 羊蹄山の湧き水が吹き出している「ふきだし公園」へ。展望台からの眺めも絶景です。またまた室内プールで大満足のみんなと、最後の夜に相応しくサッポロラーメンで晩餐会。

Photo_10 Photo_11 Photo_12

2014年8月20日 北海道の東林寺で保養 第三日

 山階副住職ご兄弟とアウトドアの一日。カヤック、バギー、ポニーなどなど濃ゆく遊びまくりました。けんゆうさん、じゅんゆうさん、お付き合いくださりありがとうございます。そして余市教会牧師のヨースケまりこご夫妻も駆けつけてくださりこれまた濃ゆい再会。おおきにありがとう! 参加者Tくんが誕生日を迎えサプライズパーティーも。おめでとう! どうぞ良き一年を過ごしてください。

Photo_7 Photo_8 Photo_9

2014年8月19日 北海道の東林寺で保養 第二日

 東林寺には素敵な幼稚園があります。3000坪の敷地で200名の子どもたちが伸び伸び過ごし、駆け回ります。旅のメンバーは町内の室内プールで大はしゃぎ。そして夜は「原子力行政を問い直す宗教者の会」の大河内秀人ご住職が保養プログラム取材で東京から合流くださり良き時でした。昨年に続き大河内さんのご尽力でこの企画が進められています。ありがとうございます。

Photo_4 Photo_5 Photo_6

2014年8月18日 北海道の東林寺で保養 第一日

 日曜礼拝で派遣の祈りを捧げ、翌日からいざ北海道へ。もちろん新潟まではプレゼントされたマイクロバス東林寺号で快適なドライブ。で、新潟空港から千歳空港までひとっ飛び。東林寺の山階ご住職が迎えに来てくれました。せっかくここまで…ということで空港近くの千歳栄光教会を訪問。卜部牧師杉岡牧師ご夫妻とも久しぶりの嬉しい再会、同教会の皆さんは会津放射能情報センターを憶え、現在も新鮮なお野菜を届け続けてくれます。連帯共働くださる教会の皆さんともお会いできて感謝感激。美しい支笏湖を眺め、倶知安(くっちゃん)に到着! ご住職ご一家とのジンギスカン、薔薇いっぱいのお庭で駆け回る子どもたち。素敵な予感…。

Photo Photo_2 Photo_3

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »