2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月17日 (日)

2014年8月17日 北海道のお寺へ派遣の祈り

 「原子力行政を問い直す宗教者の会」の出会いのなか明日から北海道へ。ええ例によって教会で祈り、北海道倶知安のお寺である東林寺さんへ派遣。祈りと拍手で送り出します。画像提供のSammyに感謝。礼拝でもオキナワのハジメさんのノートをシェアしました。連帯!
10402971_709043822509653_8740358011 10580114_709043829176319_2731468861 10369690_709043965842972_2910084205

2014年8月16日 22:59 辺野古海上行動

「平和講演会」を担当してくれたオキナワ佐敷教会牧師の金井創さんからのメッセージが届きました。以下、引用してここにも掲載します。
(ここから下、金井創さんのノートから引用)
 これは2014年8月14日の写真です。カヌー以外の舟はすべて海保です。海保も舟ごとに微妙に温度差があります。こちらの抗議に一切耳を傾けず、ただ「危険ですから制限水域には入らないで下さい」を繰り返すものもあれば、アナウンスをやめてじっとこちらの訴えを聞く船もありました。
 「ここは命の海です。あなたがたは命を守るため、海を守るために海上保安官になったのでしょう? いま進めている工事はこの海を殺すものです。ここに生きているいろんな生き物を生き埋めにしてしまう工事です。あなたがたはそのようなことに手を貸すんですか? 誇りをもってこの仕事についたんじゃないですか?どうして海を殺す防衛省のガードマンみたいなことをするんですか? あなたがたがいまやっていることに人間として誇りをもてますか? いつか子どもや孫に、この基地建設をオレが守ったんだと胸を張って言えますか? あの時オレはここにいたんだと、堂々と言えますか? 一緒に命を守りましょうよ。一緒に海を守りましょうよ。」
 この間、一艇の6人がカメラも向けず、じっと聞いてしました。浮桟橋の所にはジュゴンの食み跡が100本以上もあって、確実にジュゴンが来ていたということを言った時には、1人の隊員がハッ! と驚いた顔をしていました。
 天候が崩れる気配があって引き上げようとし、「私たちはこれで引き上げるからね」と告げたら、向こうのうち2人がお辞儀をしました。船籍から見て東京から派遣されてきた海保でしょう。
 圧倒的な力で私たちの行く手を阻む海保ですが、静かに説得していきます。語る言葉のひとかけらでも彼らの心に残ってくれればよいのですが。
10492115_682989088449600_4417619173

2014年8月14日 (木)

2014年8月12日 牧師は木を切る ♪ ヘイヘイホ〜 ♪

 夏も冬も会津を目指して出掛けてくれる仙台と山形の若者たち、ありがとう。会津放射能情報センターと教会のお庭の草刈りご苦労さまでした。で…懸案事項だった教会庭の柿の木伐採もこの際やってまえ! と実施。かの宗教改革者マルチン・ルターは「たとえ明日、世界が終わりになろうとも、私はリンゴの木を植える」と言ったとか。本日、若松栄町教会牧師の私は柿の木を切り倒しました…。

Photo_33 Photo_34 Photo_35
Photo_36 Photo_37 Photo_38

2014年8月7日〜8日 全国キリスト教学校人権教育セミナー at 福岡女学院

 昨年仙台で開催したこのセミナー、各地のキリスト教主義学校から教職員の皆さんが福岡女学院に集結。再会を喜び、初めましてのメンバーとも嬉しい出会いが与えられました。いやあ、本当に励まされます、癒されます。共働する仲間が各地にいることの豊かさに支えられています。60分いただきフクシマの声と営みを届けてきました。おおきにありがとう〜。

Photo_28 Photo_29 Photo_30

2014年8月6日 全国キリスト教学校人権教育セミナー 現地研修

 現地研修で玄海原発へ。福島第一原発でも六カ所村でも「PR館」の空々しさに腹が立つ。参加者からどんどん出される「突っ込み」にPR館ガイドのお姉ちゃんひとりでは対応できず、広報職員も登場。ややこしい見学者たち…。博多に帰還し前夜祭で在日大韓基督教会のビッグマザー、オモニとも再会。

Photo_25 Photo_26 Photo_27

2014年8月5日 公務です こ・お・む

 会津若松は37℃、そしてここ博多は30℃…。ということで「公務出張」で仙台から福岡入りしています。玄海原発に関わる現地研修を控え、やっと夕食いただきます。もちろん替え玉もばりかたで。

Photo_22 Photo_23 Photo_24

2014年8月3日 アメリカへ北海道へ 派遣の祈り

 一年間米国に留学するSHさんの「派遣の祈り」を礼拝で捧げました。たくさんの出会いを重ねられますように、健康が支えられるよう心から祈ります。そして今月中旬、会津放射能情報センターと原子力行政を問い直す宗教者の会の共働プログラムで北海道にでかけるISくんとIMちゃんの「派遣の祈り」も。こちらは私たち夫婦も引率同行します。楽しみやね〜。※全ての画像はSammyが撮影・提供。おおきにありがとう。

Photo_19 Photo_20 Photo_21

2014年8月1日 夏の暑い日は戸外で労働

 会津若松もえらいことになっとります…。ということで、とにかくこんな日は汗を流し外で働くに限る。北海道の浄土真宗のお寺、一乗寺さんと東林寺さんから会津放射能情報センターにプレゼントされたマイクロバスの「サビ落とし」と「塗装」に精進しました。うむ、素敵すてき。

Photo_13 Photo_14 Photo_15
Photo_16 Photo_17 Photo_18

2014年8月1日〜3日 第7回 平和まつり

 毎年この季節「平和まつり」を開催しています。会津若松市内の平和運動のグループ共催によるもの。もちろん「九条の会」西栄町学習会も会津放射能情報センターも主催団体です。本日2日は漫画家ちばてつやさんのライブ&トーク、明日3日は会津子どもクワイアのゴスペルライブもあり。入場無料、ぜひどうぞ。
Photo_10 Photo_11 Photo_12

2014年7月29日 台湾基督長老教会のボランティア・ワーカー

 台湾基督長老教会(PCT)は、この夏も継続してボランティアワーカーを派遣してくださいます。先の台湾訪問の時に嘉義中会で会ったサミュエルくんと仙台で再会しました。ミーティング後、PCTのみんなと記念撮影。若者たちもこの暑い夏、エマオを拠点に東日本大震災に関わり続けてくれます。謝謝。平安、感謝!

Photo_7 Photo_8 Photo_9

2014年7月27日 愛唱讃美歌プレゼント

 第四日曜の恒例プログラムです。翌月に誕生日を迎える教会員の愛唱讃美歌をみんなで歌ってプレゼントします。誕生者はその讃美歌を選んだエピソードなどを紹介。今回は飛び入り参加のちえちゃんも加わり嬉しいひとときとなりました。おばあちゃんは来月94歳。それぞれ元気で良き一年を〜。おめでとう!

Photo_4 Photo_5 Photo_6

2014年7月23日 ふくしま・こうべ こどもプログラムに出発

 今年で三年目、神戸の皆さんが待っていてくれます。ありがとう。会津若松出発のメンバーは元気に若松駅から出掛けました。郡山で合流するメンバーと、わくわく楽しみな旅に出掛けます。どうぞよろしく〜。

Photo Photo_2 Photo_3

2014年8月13日 (水)

2014年7月20日「九条の会」事務局長 小森陽一さん講演会

 大盛会でした。小森さんはこれまで幾度も会津若松にご来訪くださっています。ちなみに「九条の会」会津若松代表は前任牧師の高橋力さんです。足元から平和を構築しよう!
(以下、呼び掛けメールを引用)
 片岡輝美です。夜分に失礼します。「九条の会」からのご案内です。全国に「日本国憲法第九条を守り生かす」ことを願って九条の会が始まり、ちょうど10年を迎えています。各地の「九条の会」は7,000以上になりました。そして今、集団的自衛権行使が安倍内閣で容認。しかし市民たちは危機感を覚え反対の声はもはや少数派ではなくなっています。何が問題であるのかを私たちはまず学ばなければなりません。良い学びの機会です。ぜひお出かけください。チケットは片岡輝美まで。
□小森陽一さん講演会「今この時、九条の会の役割」
□7月20日(日)14:00〜16:00@會津稽古堂3F研修室
□小森陽一さん:全国九条の会事務局長・国文学者
Photo_43 Photo_44 Photo_45

2014年7月17日 再会! 台湾、ただいま会津若松

 午前4時、吉本新喜劇のテーマ曲で飛び起きました。ええ、あの曲をiPhoneの目覚ましに登録しています。5時にシャトルバスに乗車、6時30分のフライトで成田に到着。夕刻無事牧師館に帰還しました。言い尽くせないほどの深い出会いと交流に満たされた台湾訪問、心から感謝いたします。謝謝。またの再会を楽しみにしています。連帯!

Photo_40 Photo_41 Photo_42

2014年7月16日 台湾基督長老教会公式訪問三日目

 嘉義のホテルをチェックアウトし、嘉義中会事務所で濃密な懇談と協議。コニシが東北教区の概要、そして私はフクシマにおける放射能汚染の実態を会津放射能情報センターの立場から画像も含めてプレゼンさせていただきました。台湾基督長老教会は教団を挙げて反核反原発を表明しています。嘉義中会は東北教区そして会津放射能情報センターとの共働を表明してくださいました。励まされます。お世話になった総幹事ご家族が嘉義から台北まで送ってくれました。夕食はコニシと今回の「公務出張」の打ち上げで街中へ。うひゃあ、凄いすごい。ここで生きている人びとの躍動感、エネルギーが充満しています。お互いの言葉は分からずとも、笑顔一発でお店の皆さんと濃ゆい交流。謝謝。

Photo_37 Photo_38 Photo_39

2014年7月15日 台湾基督長老教会公式訪問二日目

 HUANG Shihwei総幹事のお迎えで北港教会へ。PCTは年間三回の総会を開催してる…ということでなんと午後1時に総会終了。議員総勢150名の皆さんの熱い祈りとお働きに励まされます。この総会のなかで日本基督教団東北教区から正式の謝辞とご挨拶をお届けしました。そして総会後、議員全員で昼食を共に。通訳の郭先生とご一緒に台南神学院をアポなしでお訪ねしました。学長室に通され突然の公式協議に謝謝。キリスト教書店に立ち寄りもちろん牧師シャツも3着購入、再び嘉義に戻り嬉しい夕食会。ああ、確実に体重増えとるやろな、血糖値あがってるやろな…。

Photo_34 Photo_35 Photo_36

2014年7月14日 台湾基督長老教会を公式訪問

 東日本大震災の初動から、全台湾を挙げて憶えお支えくださる台湾基督長老教会の皆さん、ありがとうございます。本日は台湾中部の西海岸にある教区、嘉義中会を東北教区総会議長と宣教部委員長とで公式訪問しております。濃ゆい日曜本務を終えて本日の(!)午前1時に就寝、午前3時30分に起床し白河滞在中の教区議長朋友コニシを迎えました。で、二人で成田まで直行。正午に成田を出立し4時間後、現地時刻午後3時過ぎに台北、そして嘉義にも無事到着。今年一月に会津放射能情報センターのメンバーもお世話になり三月には国際会議でもお会いした皆さんと嬉しい再会です。本日は、いわば移動日で明日から本格的な公務。ふぃ〜。さすがに疲れましたが目が冴えてしまってます。

Photo_31 Photo_32 Photo_33

2014年7月13日 ウェスレー教会のみんなと礼拝

 もちろん日曜日は礼拝ですね。元気に起床したウェスレーのみんなが子ども礼拝にも出席。そして一般礼拝で献歌してくれました。毎年7月第二日曜は「部落解放祈りの日礼拝」。日系米国人の苦難の歴史、キリシタン弾圧と被差別者の出会いの物語、そして現在のフクシマの状況…が宣教主題。礼拝後は会津子どもクワイアとのジョイントライブ、ウェスレー教会の紹介、ランチ・パーティー、そして会津の民芸玩具「起き上がり小法師」の絵付けもね。何度、転んでも倒れても起き上がる。諦めない、挫けない…そう、Get Up, Stand Up, Never Give up! でいこう! 会津放射能情報センターの現地報告も真剣に聴いてくれました。そして、午後3時には高崎に向かって出発。ほんの短い滞在でしたが、とても嬉しい時でした。ウェスレーの皆さんにくれぐれもよろしく。ありがとうね。またの再会を楽しみにしています。

Photo_28 Photo_29 Photo_30

2014年7月12日 米国のウェスレー教会の若者たち

 日系米国人の若者たちが会津放射能情報センターに来てくれました。早朝4時22分の地震と津波警報で今朝は石巻エマオでへろへろ…。そこから会津若松までの長旅です。でも輪っぱ飯の夕食、スーパー銭湯での入浴で元気一杯。昨夏カリフォルニアのアジアン・キャンプに参加した会津の高校生たちと嬉しい再会で今夜は夜通しかも…。夕食時、お母さんたちも英語で感謝のスピーチ、ありがとう。明日は若松栄町教会の礼拝に出席し、会津子どもクワイアとジョイントライブも。ありがとうありがとう!

Photo_25 Photo_26 Photo_27

2014年7月9日〜11日 北海教区「震災と教会」協議会で函館と奥尻島

 1993年の北海道南西沖地震災害に「教会」はどのように向き合い寄り添ったのか…そしてその後の災害にどのように繋がり展開されたのか…を主題に各地から責任者が参集しました。阪神淡路、新潟中越、新潟中越沖、東日本大震災…。それぞれの時の営みを振り返りつつ今後の働きに協議を重ねます。ええ、もちろん「有事」以前の「いま」こそが問われます。各地で出会う仲間も、初めましての皆さんも共に濃ゆい時でした。ありがとうございます。連帯!

Photo_22 Photo_23 Photo_24

2014年7月6日 オリジナル扇子

 40年前まで倉敷(岡山県)に住んでおりました。その頃からずっと繋がっているSさんが、若松栄町教会と会津放射能情報センターを憶えて度々プレゼントをお届けくださいます。Sさんはプロの書道家でして門下のお弟子さんも多数。で、この季節「聖書の一節」を付した扇子をお贈りくださいました。うひゃあ! ありがとうございます。「聖書の言葉から吹いてくる風(聖霊)を感じ、どうぞお元気でお過ごしください」と添え書きが! 教会の皆さんと感謝感激でシェアしました。ありがとうありがとう! 

Photo_19 Photo_20 Photo_21

2014年7月4日 EMS(Evangelical Mission in Solidarity)の皆さんおおきに

 本日も仙台で濃ゆい会議が二連発。ええ、乗り切りました。昼食は嬉しいゲストとご一緒に。ドイツのEMS(ドイツ連帯福音宣教会)から派遣されたEMS総幹事のライヒェルさん、アジア宣教局長のルッツさん、記者のコリーナさんとNCC職員のサビーネさん。EMSの皆さんは会津放射能情報センターに初動から共働してくれています。2011年7月にEMSから前総幹事とルッツさんが情報センターに派遣されました。その時点で既に品不足だったガイガーカウンターをプレゼントしてくださり、さらにドイツに帰国後、情報センターのために…と献金を募ってくださいました。当時、情報センターでは食品放射線量測定器購入を検討、無一文状態なのでスタッフから持ち金をかき集めいよいよ明日発注! という時にセンター代表の連れ合いに一通のメールが…。「私たちEMSは会津放射能情報センターの働きに連帯し共働します。祈りを込めて○○ユーロを献金します」。なんと…その金額が購入予定の測定器とどんぴしゃ一致の金額! 本当に驚きました! そして今も団体名EMS(ドイツ連帯福音宣教会)の通り「連帯」し続けてくれています。Danke! 

Photo_16 Photo_17 Photo_18

2014年7月1日 ご褒美は「江川亭 調布店」

 農村伝道神学校はじめ恵泉女学園や経堂緑岡教会をお訪ねする時のお約束です。懐かしい「江川亭」の細麺大盛りワカメ麺硬いめ背脂多めを自分へのご褒美に。うむ、長生きしよ。

Photo_13 Photo_14 Photo_15

2014年7月1日 農村伝道神学校で特別講義

 牧師を目指す皆さんが学ぶところを「神学校」といいます。東京の町田市にある農村伝道神学校は、しっかりとした視点と立場と現場を堅持する気合いの入った神学校で、尊敬する先輩牧師たち愛おしい若手牧師たちを多数送り出してくれています。朋友コカイさんが毎度お招きくださり「教会音楽」の特別講義を担当。あはは、おれが? ということで、これまで黒人音楽の歴史をめぐりブルーズ、ファンク、R&B、レゲエもちろんゴスペルなどの教会音楽概論を担当してきました。ここ数年は東日本大震災に関わる特別講義を担当。いつも真剣に聴いてくれてこちらこそ励まされます。ほんまにありがとう。Facebookのお友だちが「東京土産」を愛車に貼り付けてくれました。おおきに。連帯!

Photo_10 Photo_11 Photo_12

2014年6月29日 夏の教会バザー

 いつもは「春の教会バザー」なのですけれど、たくさんの行事で今回は異例の「夏の教会バザー」を開催。初めての試みで午前10時から合同礼拝、そしてみんなで正午開始のバザーに備えました。ここ会津若松は土曜から豪雨…あわわ、どないしょと狼狽しリサイクル衣料は、急遽礼拝堂に売り場変更。でも途中から太陽も見えてきました。スタッフの皆さん、お客さんたちおおきにありがとう。次回は秋に開催します。ありがとう〜!

Photo_7 Photo_8 Photo_9

2014年6月26日〜27日 教団部落解放センター常任運営委員会 in 大阪

 仙台〜山形〜大阪のお仕事で行ったり来たり…今週も活かされています。部落解放センターの常任委員会で大阪に移動、ここのところ新幹線で大阪入りすることが多くなりました。JR東海には喫煙室があるのでね…。前夜はみんなで夕食会、そして翌日はみっちりと協議。会場はお馴染みの東梅田教会、とても素敵な礼拝堂ですね。日曜は若松栄町教会でバザーなので、とにかくとんぼ返りです。で、同じ日程で千葉に出張しバプテスト教会で主題講演を担当した連れ合いが帰路の新幹線に乗り込んできました…。同行二人の帰路で無事帰還。各地の皆さんお世話になりました。ありがとう。

Photo_4 Photo_5 Photo_6

2014年6月23日 走行距離28万キロ達成 愛車よありがとう!

 日帰り仙台出張から本日も無事帰還しました。仙台への往路、久しぶりに一般道でその瞬間を目撃。エンジンも身体も絶好調です。愛車にも胃袋にもガソリン満タンです。よしっ! まだまだ行くで〜。

Photo Photo_2 Photo_3

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »