2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2014年8月12日 牧師は木を切る ♪ ヘイヘイホ〜 ♪ | トップページ | 2014年8月17日 北海道のお寺へ派遣の祈り »

2014年8月17日 (日)

2014年8月16日 22:59 辺野古海上行動

「平和講演会」を担当してくれたオキナワ佐敷教会牧師の金井創さんからのメッセージが届きました。以下、引用してここにも掲載します。
(ここから下、金井創さんのノートから引用)
 これは2014年8月14日の写真です。カヌー以外の舟はすべて海保です。海保も舟ごとに微妙に温度差があります。こちらの抗議に一切耳を傾けず、ただ「危険ですから制限水域には入らないで下さい」を繰り返すものもあれば、アナウンスをやめてじっとこちらの訴えを聞く船もありました。
 「ここは命の海です。あなたがたは命を守るため、海を守るために海上保安官になったのでしょう? いま進めている工事はこの海を殺すものです。ここに生きているいろんな生き物を生き埋めにしてしまう工事です。あなたがたはそのようなことに手を貸すんですか? 誇りをもってこの仕事についたんじゃないですか?どうして海を殺す防衛省のガードマンみたいなことをするんですか? あなたがたがいまやっていることに人間として誇りをもてますか? いつか子どもや孫に、この基地建設をオレが守ったんだと胸を張って言えますか? あの時オレはここにいたんだと、堂々と言えますか? 一緒に命を守りましょうよ。一緒に海を守りましょうよ。」
 この間、一艇の6人がカメラも向けず、じっと聞いてしました。浮桟橋の所にはジュゴンの食み跡が100本以上もあって、確実にジュゴンが来ていたということを言った時には、1人の隊員がハッ! と驚いた顔をしていました。
 天候が崩れる気配があって引き上げようとし、「私たちはこれで引き上げるからね」と告げたら、向こうのうち2人がお辞儀をしました。船籍から見て東京から派遣されてきた海保でしょう。
 圧倒的な力で私たちの行く手を阻む海保ですが、静かに説得していきます。語る言葉のひとかけらでも彼らの心に残ってくれればよいのですが。
10492115_682989088449600_4417619173

« 2014年8月12日 牧師は木を切る ♪ ヘイヘイホ〜 ♪ | トップページ | 2014年8月17日 北海道のお寺へ派遣の祈り »

ぎょぎょ! 行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591672/60163790

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年8月16日 22:59 辺野古海上行動:

« 2014年8月12日 牧師は木を切る ♪ ヘイヘイホ〜 ♪ | トップページ | 2014年8月17日 北海道のお寺へ派遣の祈り »