2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 私の葬儀 / 高橋京子 | トップページ | ガザ地区封鎖解除を求める緊急市民集会あいさつ / 片岡輝美 »

2013年5月 3日 (金)

私の葬儀 / 平田周作

 教会では「健康を考えるシリーズ」と題して学習会を開催して参りました。今回は、具体的な健康に関することや病気ではなく、その先の死・葬儀について「私の葬儀」という内容で開催致しました。平田周作さんと高橋京子さんに発題者として、発表して頂きました。そのあと質疑応答を交えたのですが、参加された皆さんとても熱心でお二人の案以外にも、参加者ご自身で考えられた内容を発表される方もいて、とても充実した時間となりました。
 この内容を次に繋げるべく、各自の希望する葬式の内容を記載した「私の葬式の備え」という書類を教会に保管して頂くことにしました。そして毎年11月の召天者記念礼拝に更新したものを提出し、いつでも希望の内容がわかるようにしました。死・葬儀を考えることは、信徒として今どのように生きるかが問われることです。とても有意義な会となりましたこと、主に感謝しています。(教会執事:斎藤美樹 報)
■平田周作さんの場合……
 私の葬儀は、特別でなくて良いと思っています。とは言え、葬儀は多くの人に向けた最後の大きな「証しの場」でもあるわけで、どう人と関わり生きてきたか、生かされてきたか、そんなことを集まった方々に感じ取ってもらえるような葬儀ならいいなぁ、と思います。
 日常生活で、直ぐに神様を忘れてしまうような私ですが、それでもいつも傍らに間違いなく神様が共にいてくださった、そういう人生であったことを証し出来たならどんなに素敵だろう。そんなことを想像しています。
 先日、「シリーズ健康を考える」の中で、私は自分の葬儀の式次第を考えました。そこに私の個性があるとするならば、私の好きな聖句、好きな讃美歌、また好きなBGMを配したことだろうと思います。私の選んだ聖書箇所や讃美歌なども、私が歩んできた信仰生活の中で、どういう風に神様と関わり何を大切に歩んできたかを窺い知れるものであってほしいと願っています。
 最後に弔辞は、共に人生を歩んだ仲間から「どういう人だったか」を飾りっ気なく言ってもらいたいと思っています。
 それにしても自分の葬儀はどんな葬儀だか、一緒に参列してみたいものです。

« 私の葬儀 / 高橋京子 | トップページ | ガザ地区封鎖解除を求める緊急市民集会あいさつ / 片岡輝美 »

教会員のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の葬儀 / 平田周作:

« 私の葬儀 / 高橋京子 | トップページ | ガザ地区封鎖解除を求める緊急市民集会あいさつ / 片岡輝美 »