2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ガザ地区封鎖解除を求める緊急市民集会あいさつ / 片岡輝美 | トップページ | 礼拝 集会 グループあれこれ »

2013年5月 3日 (金)

会津若松市立 中学校卒業式 祝辞 / 片岡輝美

 会津若松市立第三中学校卒業式にあたりお祝いを申し上げます。179名の卒業生の皆さん、本日はご卒業、誠におめでとうございます。期待と不安を胸に若松三中へ入学したあの日から三年が過ぎました。佐藤信寛校長先生のお言葉を貸して頂くなら、子どもで入学した皆さんは、三年を経て心身ともに成長し、ひとりの大人として巣立っていこうとしています。その姿は眩しく、保護者の皆さまのお喜びもひとしおかとお祝い申し上げます。
 明日から皆さんが進学や就職を志して歩み始める社会は、様々な価値観であふれています。そのひとつに「もったいない」という考え方があります。環境問題などでよく耳にする言葉で、今では英語でも「mottainai」とそのまま表現されるほどです。
 ある方が「もったいないとは、言い換えれば、本来あるべき姿になっていないこと」とお話されました。食べ物がもったいないということは、本当はすべて食べるべきところを、残して捨ててしまうこと。衣類がもったいないということは、まだまだ着られるのに、デザインに飽きたからなどの理由で捨ててしまうということです。その方は、人の生き方にも「もったいない」と言う表現ができると言いました。
 「もったいない生き方」とはどんな生き方でしょうか? それは「その人が生きるべき生き方をしていない。その人にふさわしい生き方をしていない」ということでしょう。では「『もったいない生き方』ではない生き方」とは? それは「自分らしく生きること」と言えるかもしれません。
 「自分らしく生きる」とは人生のとても大きなテーマで、年齢を重ねたからといってすぐにわかるものでもありません。ある意味、一生をかけてもわかるかどうか、約束もできません。ですが「私は何者なのか。何を大切に、何のために生きているのか。私はどのように生き、何をすべきなのか」と自分としっかり向き合うことで、初めて自分らしい生き方に近づくことができると思うのです。
 皆さんの殆どがこれから携帯電話を持ち、誰とでもすぐ連絡が取れることでしょう。人とのつながりは大切ですし、なくては生きていけません。でも、時には携帯電話を脇において、自分と向き合ってみてください。自分のほんとうの気持ちが見えてくるかもしれません。
 また自分の強さも弱さも見えてくるでしょう。さらにあなたとつながり、あなたを支えてくれる存在にも気がつくことでしょう。目に見えないもののなかにこそ、とても大切なものが見えてくると思います。
 皆さんひとりひとりが、この世の中の喜びも悲しみもしっかりと味わい、自分と他の人の心と身体を労り大切にしながら、あなたらしい豊かな人生を歩んでいけますように心から祈っております。
 最後になりましたが、保護者の皆さまからはPTA活動に、多くのお力とご支援を頂きましたこと、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。本日はご卒業、誠におめでとうございます。
2010年3月12日
会津若松市立第三中学校 父母と教師の会 会長 片岡輝美

« ガザ地区封鎖解除を求める緊急市民集会あいさつ / 片岡輝美 | トップページ | 礼拝 集会 グループあれこれ »

教会員のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津若松市立 中学校卒業式 祝辞 / 片岡輝美:

« ガザ地区封鎖解除を求める緊急市民集会あいさつ / 片岡輝美 | トップページ | 礼拝 集会 グループあれこれ »