2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2017年9月 8日 (金)

2017年9月5日 青山学院大学ハンドベルクワイア その5

 最終日の本日はそれぞれ自由行動。レンタカーで喜多方ツアー、会津若松市内散策、そして鶴ヶ城ツアーなどなど。昼食後「鈴善」さんに集合し全員が会津の伝統技法「蒔絵」を体験。それぞれオリジナルの素晴らしい作品を持ち帰ります。濃密強烈な四日間に心から感謝いたします。ありがとう。またの再会を楽しみにしています。

Photo_19 Photo_20 Photo_21
Photo_22 Photo_23 Photo_24

2017年9月4日 青山学院大学ハンドベルクワイア その4

 会津若松市内の会津北嶺高校の全校礼拝で奉鐘とコンサート。同校から歩いて行ける若松聖愛幼稚園(聖公会)でもコンサートをさせていただきました。子どもたちは大喜び、もちろんクワイアも大喜び! 子どもたちの素敵な歌声と手作り押し花しおりは、メンバーには忘れられないプレゼントになりました。

Photo_13 Photo_14 Photo_15
Photo_16 Photo_17 Photo_18

2017年9月3日 青山学院大学ハンドベルクワイア その3

 たっぷりの日曜日の演奏、本当にありがとうございます。教会員と打ち上げ交流会を開催。お腹もこころも満たされました。全員のスピーチにも感動、意味深い時をありがとう。

Photo_10 Photo_11 Photo_12

2017年9月3日 青山学院大学ハンドベルクワイア その2

 日曜の教会学校礼拝と主日礼拝で奉鐘ありがとうございます。礼拝宣教はクワイアのチャプレンで大学宗教主任の大宮謙牧師が担当、ケンさんご立派になられました。ぷぷぷ。38年前ケンさんが高校一年生の頃からの繋がりやね〜。そして午後のチャリティライヴ、礼拝堂はお客さんで満杯。癒され励まされます。

Photo_4 Photo_5 Photo_6
Photo_7 Photo_8 Photo_9

2017年9月2日 青山学院大学ハンドベルクワイア その1

 東京からハンドベルクワイアの皆さんが来若。若松栄町教会創立123周年記念・東日本大震災チャリティライヴで素晴らしいベルの音色を響かせてくださいます。到着後、会津放射能情報センター代表のフクシマ報告と自主避難者の証言に傾聴、そして会場設定とリハーサルに4時間。ありがとうございます。

Photo Photo_2 Photo_3

2017年8月30日 (水)

2017年8月27日 焼きそばパーティー

 会津では8月25日(金)から二学期が始まっています。暑い夏もみんなしっかり楽しんだ、二学期も乗り切ろう! 恒例の焼きそばパーティーを開催。たっぷり美味しくいただきました。腹ぱんぱんの後、ゴスペルライブOne Voice Aizu本番に向けて会津子どもクワイアは午後も練習。クワイアはもちろん、今回はホーンセクションも凄いで〜!

Photo_10 Photo_11 Photo_12
Photo_13 Photo_14 Photo_15

2017年8月27日 来月誕生者の愛唱讃美歌プレゼント

 毎月第四日曜礼拝直後、次月に誕生日を迎える皆さんへプレゼントを贈ります。モノではありません。それぞれの愛唱(お気に入り)讃美歌をみんなの歌声でプレゼントするのです。9月誕生者の皆さんおめでとう、ありがとう。

Photo_7 Photo_8 Photo_9

2017年8月27日 教会学校礼拝の証言

 毎月第四日曜の教会学校(子どもの礼拝)は教会のおじいちゃんおばあちゃんが宣教を担当し、自らの「戦争体験」を子どもたちに証言してくれます。今回は「ちからおじいちゃん」が担当。礼拝最後の祝福祈祷もおじいちゃんにしていただきました。
Photo_4 Photo_5 Photo_6

2017年8月13日 平和主日礼拝と著者サイン会

 既報ですが、坂井貴美子さんをお迎えしての平和主日礼拝と礼拝後のサイン会の画像を掲載。ありがとう。米国での大切なお働きのうえに祝福を祈ります。

Photo Photo_2 Photo_3

2017年8月25日 (金)

2017年8月22日 啓明学院高校の被災地現地研修

 神戸から来てくれた啓明学院の皆さん、毎年ありがとうございます。傾聴くださる高校生たちに励まされます。ありがとう。しかし、凄いで…。神戸から仙台へ、現地集合現地解散やて。あべちゃん、おおきに。
(※阿部俊さんのFacebookから引用)
■啓明学院高校東日本震災復興支援プログラム第7次派遣 東北スタディキャンプ
 今年も仙台YMCAの全面協力のもと始まりました。13時、JR仙台駅に集合して地下鉄東西線に乗り、終着荒井駅構内にある3.11メモリアル館での見学を皮切りに緑色の屋上からのヘリによる救出劇で多くの人が記憶している、320人が命を繋いだ荒浜小学校を見学。YMCAに着いて日本基督教団若松栄町教会の片岡謁也牧師による基調講演とトークセッションという濃いプログラムをこなし、分かち合いの時(ミーティング)を終えて0時過ぎ教室の床で持参した寝袋にて就寝。明後日の帰宅まで皆の健康が守られますように。
Photo_38 Photo_39 Photo_40

2017年8月18日 北海道保養第五日

 いよいよ最終日。「帰りたくないよ〜」との声を挙げながら、お世話になった千歳栄光教会で感謝の大掃除。嬉しい美味しい保養の感想文、隣接するこども園で遊び新千歳空港へ。教会の皆さんがお見送りに来てくださいました。本当にありがとうございます。また来年の再会を楽しみにしています。四男と姪っ子はここから関西空港へ、今回もお疲れさま。夕刻5時30分に福島空港へ、午後7時に牧師館へ無事到着しました。卜部さん杉岡さん、千歳栄光教会、千歳友の会、アイヌ民族情報センター、東林寺そして「原子力行政を問い直す宗教者の会」の皆さんの篤いお祈りとお支えで今回も意味深い時となりました。心から感謝いたします。ありがとう!

Photo_32 Photo_33 Photo_34
Photo_35 Photo_36 Photo_37

2017年8月17日 北海道保養第四日

 朝早く千歳を出発し、倶知安の東林寺へ日帰りツアー。今年もレンくんオウくんと再会できました。またまたおにいちゃんになったね〜。3月に完成した新しいこども園を見学、そこからトウモロコシ畑でもぎたての生トウキビにかぶりつき、カヌーやバギー、羊蹄山の湧き水があふれ出る吹き出し公園で楽しみました。余市からヨウスケマリコ夫妻も到着! 最後の晩餐は海の幸満載の「手巻き寿司パーティー」。千歳栄光教会の皆さん、千歳友の会の皆さんに本当にお世話になりました。ありがとうございます。みんなのスピーチもとても素敵でした。

Photo_26 Photo_27 Photo_28
Photo_29 Photo_30 Photo_31

2017年8月16日 北海道保養第三日

 千歳へ片道3時間の留萌から三浦忠雄さんとご次男が子どもたちのために駆けつけてくれました。北海教区のアイヌ民族情報センターの大切なお働きに感謝します。励まされます。子どもにも判るお話し、そしてアイヌ紋様のワークショップで嬉しい朝を過ごします。昼食はお野菜満点の農場ビュッフェへ。またまた腹ぱんぱん。そこから森の中の本格的フィールドアスレチックへ。全コース24箇所のハンパない課題に全員途方に暮れ、これを全部やってたら24時間かかるかも…。半分で完了、みんなほんまに良くやった! おじさんおばさんは解説と評論だけで身体バキバキですねん…。あれだけ動いたのに室内プールへ。夕食は毎晩「千歳友の会」の皆さんが心をこめて整えてくださいます。今夜はパスタ、絶品!

Photo_20 Photo_21 Photo_22
Photo_23 Photo_24 Photo_25

2017年8月15日 北海道保養第二日

 お台所も素敵な千歳栄光教会、みんなで朝食も片付けも協力して合宿ジョータイ。午前中は夏休みの宿題と愛読書に向き合います。さあ、昨年は定休日で味わえなかった牛小屋アイスへ。細田牧場のオーナーは教会員です。うわああ絶品! 牧場のグランドで思いっきり飛び回り昼食はピクニック。ほんまもんの搾りたて牛乳にも感激。夕刻からフクシマの子どもたちを憶えるチャリティコンサート、センター代表のフクシマ報告会、三日間ギャラリーで開催しているジョーの写真展などなど、意味深く濃密な「敗戦記念日」を過ごします。

Photo_14 Photo_15 Photo_16
Photo_17 Photo_18 Photo_19

2017年8月14日 北海道保養第一日

 今年もお迎えくださりありがとう。「会津放射能情報センター」と「原子力行政を問い直す宗教者の会」共催で毎夏北海道をお訪ねしています。去年と同様、千歳栄光教会の卜部さん杉岡さん教会の皆さんが支えお迎えくださいます。ありがとうございます。福島空港組は午前7時にセンターを出発、滋賀講演会翌日の連れ合いと関西の四男姪っ子は関西空港発で全員新千歳空港で無事合流。教会の皆さんが整えてくださった美味しい昼食、そしてあなどれんサーモンパークでドクターフィッシュとも再会! 夕食はラム丼と牛丼で腹ぱんぱん。
1 2 3
4 5 6

2017年8月10日 突然の帰省

 お友だちのタイムラインでもあちこちで触れてくれていますね。ジョー・オダネルさんのお連れ合い坂井貴美子さんは若松栄町教会員です。書斎にいたら「えっちゃ〜ん、いる〜? 」との声が…。はい、いつも「突然帰省するきみちゃん」がたったいま牧師館へ。そして13日(日)には礼拝に出席する…とのことで「平和主日礼拝」ではジョーとの物語を証言してもらうことに決定! お楽しみに〜。

Photo_11 Photo_12 Photo_13

2017年8月7日〜8日 「教会と国家」セミナー

 お隣りの奥羽教区の皆さんに加えていただきました。盛岡で開催の研修会講師はオキナワの平良修牧師。遠くからありがとうございます。そして奥羽教区の皆さん、加えてくださり感謝いたします。花巻の鈴木さんご夫妻は手作りのマスコット販売でずっと会津放射能情報センターを支えてくださいます。ありがとう。
Photo_8 Photo_9 Photo_10

2017年8月4日〜6日 第10回 平和まつり

 今年で10回を迎えました。会津にある多彩な平和活動グループが主催する平和まつり。会津放射能情報センターも主催グループです。「福島っ子ドラマの広場」にお世話くださった皆さん、ありがとうございます。

Photo_4 Photo_5 Photo_6

2017年8月2日 トミーとの晩餐そして報告会

 二ヶ月間、会津放射能情報センターに滞在したトミーとの最後の晩餐。世界一のギョウザ「南京」は定休日で残念…。でも初日にいただいた美味しいピザで最後の夜も乾杯。夕食後はセンターで報告会、センターを拠点にして過ごし考え出会った多様な課題をしっかり報告してくれました。ありがとう。今夜のうちに移動して明日は北海道、そして米国へ帰国。また会おう、元気でやりや〜。Keep In Touch!

Photo Photo_2 Photo_3

2017年7月25日 (火)

2017年7月19日 UMCの若者たち その3

 いよいよ会津若松を出発。これから東京、そして川崎へ。良き旅となるように心から祈ります。また会おうね〜。

Photo_12 Photo_13 Photo_14

2017年7月18日 UMCの若者たち その2

 午前中、みっちりフクシマ現地研修で過ごします。センターに滞在中のトミーが高校生たちに詳細なプレゼン、そして片岡輝美代表の現状報告、さらにセンタースタッフからの線量測定報告と証言に傾聴してくれました。そしてイングリッシュ・アカデミーでの特別合同クラスでも高校生たちが大活躍。夜は「Friendship Night」これまた大盛りあがりでした〜。ゲーム大会、アカデミー生徒の発表、クワイアとの歌交換などなど嬉しく忘れられない夜となりました。

Photo_6 Photo_7 Photo_8
Photo_9 Photo_10 Photo_11

2017年7月17日 UMCの若者たち その1

 UMC(米国合同メソジスト教会)のウェスレー教会からKeithとVikiが来若。高校生16名とリーダー6名の総勢22名が会津を楽しんでいます。回るお寿司に大興奮! そして会津マスクワイア練習日に合わせて突然のエール交換。これまた大興奮でした。AMCの皆さんありがとうございます。

Photo_4 3_2 Photo_5

2017年7月13日 山崎知行医師が来若

 東日本大震災直後からフクシマの課題に寄り添い続けてくださるDr.山崎に心から感謝いたします。山崎さんをフクシマに送り続けてくださる大阪教区の皆さん、本当にありがとうございます。本日、会津放射能情報センターでの「しゃべり場」と「子ども健康相談」をがっつり担当してくださいました。連れ合いとトミーが気合いを入れて整えてくれた「お疲れさまの夕食」をセンターで嬉しく美味しく頂戴しました。

Photo Photo_2 Photo_3

2017年7月8日 会津放射能情報センター役員会

 会津放射能情報センターを憶えお支えくださる皆さん、ありがとうございます。毎月定例のセンター役員会も無事終了し夏の諸行事に備えています。役員会終了後、サプライズのケーキにも感謝感激。

1 2 3

2017年7月 8日 (土)

2017年7月3日 東北教区教師研修会

 久しぶりに教師研修会に出席できました。「宣教師の目に映る現状・課題・可能性〜台湾基督長老教会宣教師として〜」の主題で北海道からディバン・スクルマン宣教師が講師。ディバンとは先週は北海道で、本日はここ鳴子温泉で再会やね。二日間の研修会でしたが火曜の本業のために帰還…。とても濃密な研修会でした。ありがとうございます。

Photo_35 Photo_36 Photo_37

2017年6月28日 第13回 部落解放全国会議 in 北海道 第三日

 濃密な三日間に感謝いたします。全国の仲間よ、ありがとう。正午で終了した部落解放全国会議、フライトは午後4時なのでどないしょ…。父子二組と連れを含む5名も似たような時刻ですから、とにかく千歳空港で待機することに。ジンギスカンも海鮮丼もたらふくいただいたので、みんなでシェアできる中華に決定しました。午後6時過ぎには会津若松に無事到着…連れ合いからLINEで連絡あり、夕食は四国からフクシマの現地研修に来たお友だちとご一緒しました。

Photo_32 Photo_33 Photo_34

2017年6月27日 第13回 部落解放全国会議 in 北海道 第二日

 会議参加者100名が午前9時に大型バス二台で千歳を出立。二風谷ダム建設でアイヌの生命や生活、故郷、文化を無視した行政の有りように関して解説を聴きました。ええ「ダムは無駄!」。昼食は伝統的アイヌのお食事を堪能し、ご存じアイヌ資料館で萱野志朗館長の講演。千歳栄光教会に戻り、和田献一さんの迫力満点の二時間主題講演。濃密な一日です。

Photo_26 Photo_27 Photo_28
Photo_29 Photo_30 Photo_31

2017年6月26日 第13回 部落解放全国会議 in 北海道 第一日

 部落解放を祈り働く全国の仲間と北海道で再会! 福島空港から千歳空港へ。またまたこんな面子と再会しました。ええ、たまたまです。一昨日までオキナワでご一緒でしたが本日は北海道での再会。会議画像は撮影禁止ですので会議後のスナップを。

1 2 3

2017年6月24日 オキナワ現地研修 第四日

■対馬丸記念館〜不屈館〜仙台空港
 いよいよ最終日、対馬丸記念館と不屈館へ。ここでもモチヅキさんと再会し、記念館の歴史を解説してくれました。大きな流れのなかで、政府に絡め取られていくことにも気づかされました…。ああ、複雑…。そこからてくてく不屈館へ。館長とスタッフが待ち構えていてくださり丁寧にお話しくださいました。ここでモニターを通してハジメさん、カズナリとも再会! カメジローさんのお働きが、辺野古に高江にオキナワの各地に継承され紡がれていることを実感します。ありがとうございます。今回の旅もたくさんのお働きに触れることができました。本当に励まされます、勇気づけられます。ここフクシマで、倦まず弛まず挫けず諦めずにしっかり生き働きます。ありがとう。連帯!
Photo_20 Photo_21 Photo_22
Photo_23 Photo_24 Photo_25

2017年6月23日 オキナワ現地研修 第三日

■沖国大〜南風原文化センター〜平和祈念公園〜真壁ちなー〜魂魄の塔〜荒崎海岸
 沖国大のヘリ墜落現場、そして南風原へ。そこから平和祈念公園でアベの車列を迎え撃つ! 先導車の白バイや黒塗り車が猛スピードで目の前を駆け抜ける…。慰霊式典の「象徴的な画像」を中日新聞から転載させていただきます。魂魄の塔での反戦平和集会では、またまたたくさんのお仲間と再会できました。ありがとうございます。励まされます。
Photo_13 Photo_14 Photo_15
Photo_16 Photo_17 Photo_18

2017年6月22日 オキナワ現地研修 第二日

■辺野古テント2〜海上抗議〜シュワブゲート前〜高江〜嘉手納
 午前7時に辺野古テントに集合するためセミナーハウスを5時30分に出立。なんと6時には到着してしまいました…。でもこの時刻、ゲート前にはエツミさんが! 再会を喜びしばらく歓談、本当にありがとうございます。テントでは団長のマモルさんが連帯の挨拶、そして汀間港から「不屈」に乗せていただき大浦湾へ。5分に一台のペースでトラックが海に岩石を投入、ガラガラという音と共に粉塵を巻き上げ投入される岩々。痛い…見てられん…。怒りと痛みを抱えて再びゲート前に戻りたくさんのお仲間に加えていただきました。午後、高江に向けて出立し高江テントでイクコさんと再会。高江での抵抗の歴史を丁寧に証言してくださいました。道の駅かでなから基地を見下ろし、許田で火照った心と体に名物のぜんざい三昧。
Photo_7 Photo_8 Photo_9
Photo_10 Photo_11 Photo_12

2017年6月21日 オキナワ現地研修 第一日

■仙台空港〜那覇空港〜佐喜眞美術館〜ぎのわんセミナーハウス
 骨折以来しばらくぶりでオキナワへ。「慰霊の日」をオキナワで過ごそうと東北教区の仲間たちと共に出掛けました。佐喜眞美術館でいきなりハジメさんに遭遇しお互いびっくり。ハジメさんは山形の高校生の修学旅行に張り付いてます。
Photo Photo_2 Photo_3
Photo_4 Photo_5 Photo_6

2017年6月20日 (火)

2017年6月19日 敬和学園高校創立50周年記念礼拝

 新潟の「濃ゆい学校」敬和学園高校に招かれ、月曜朝の記念礼拝を担当させていただきました。四人の息子、姪っ子も甥っ子もここで極めて濃密な三年間を過ごしました。前夜日曜夜の寮生礼拝にも混ぜてもらい、たまたま礼拝担当の次男の宣教もしっかり聴いたよ。次男も冒頭定番の「兄弟の名前ネタ」で掴みはO.K.、現在寮生は170名ですと! 敬和学園の高校生たちをみると、いつもホッとします。はい、おじさんもしっかり生きていきます。ありがとう。

Photo Photo_2 Photo_3

2017年6月17日 (土)

2017年6月15日 福島県教会婦人研修会

 福島県にある教会の女性たちの研修会を開催、朝岡勝牧師をお招きしました。「いのちが尊ばれるために〜キリスト者として考える平和・自由・愛」を主題に50数名の参加者が来場。朝岡さんは共謀罪法案に反対するキリスト者署名の呼び掛けのみならず、これまでの安保法制、特定秘密保護法、ヤスクニ訴訟などキリスト者としてこの時代の多様な課題に向き合い抗う姿勢を示してくださいました。おりしもこの日、朝岡さんの移動中に共謀罪法案が可決…。忘れられない日となりました。怒りが収まらんが、朝岡さんはじめまだまだたくさんの仲間がいることに「希望」があります。ありがとうございます。連帯!

Photo Photo_2 Photo_3

2017年6月12日 (月)

2017年6月11日 四国松山からアイザワ来訪

 仙台出張の帰路、朋友アイザワが来若してくれました。日曜午後のまったり時間に牧師館のウッドデッキで乾杯、そして夕食は馴染みのお店へ。元気一杯のつやつや宗教主任に癒されます。またの再会を楽しみにしています。

Photo_11 Photo_12 Photo_13

2017年6月11日 花の日子どもの日

 子どもたちの祝福はイースター礼拝のなかで行います。毎年「花の日子どもの日礼拝」では子どもたちが持参したお花を、歌声と共に教会の皆さんにプレゼントするのです。そして礼拝堂では「花の日美術展」を開催中。花をモチーフにした教会の皆さんの多様な作品を楽しんでくださいね〜。

Photo_5 Photo_6 Photo_7
Photo_8 Photo_9 Photo_10

2017年6月4日 ペンテコステおめでとう

 クリスマス、イースターと共に教会のお祭りペンテコステ(聖霊降臨祭)。キーワードは「風」「息吹」「鳩」「炎」でシンボル色は赤色です。東神戸教会で学びパクらせてもろた「炎のワッペン」を礼拝出席者全員が胸に貼り付けて礼拝。

Photo_4

2017年6月3日 有馬理恵さん講演会 & ひとり芝居

 「真珠の会」主催の講演会とひとり芝居で有馬理恵さんをお迎えしました。いやあ、たまげた。舞台女優の声量、ご自身の出自に関わる証言、そしてこの時代の課題への鋭い指摘と生命への穏やかなまなざし…。ありがとうございます。しっかり生き抜きます。

Photo Photo_2 Photo_3

2017年6月 3日 (土)

2017年6月2日 マゴソ・ファミリーのトーク & ライヴ

 ジャンボ! 今年も再会できました! ケニアのマゴソスクールからファミリーが来若。ナガサキ〜ヒロシマ〜関西〜中部を経てここフクシマへ。ケニア都市部の貧しい子どもたちの生活を支え、教育の機会を提供する大切な営みを紡いでおられます。現在生徒数はなんと600名! 多くが両親のいない孤児です。タイムラインに4本のライヴ動画を掲載しています。ありがとう。連帯!

1 2_2 4
6 5 3_2

2017年6月 2日 (金)

2017年5月24日 東北教区総会で決議「緊急声明」

■声明
「テロリズム集団その他の組織的犯罪処罰法(共謀罪法案)の強行採決に抗議する緊急声明」
 5月19日、国会衆議院法務委員会において強行採決された「共謀罪法」は、各方面で指摘されているように、尾行・盗聴・通信傍受、監視・内通を合法化し、市民社会の土台をなす精神の自由を制限し、言論・集会結社・信教の自由が脅かされる密告社会を作りだす恐れのある悪法です。
 この法は、1925年制定「治安維持法」と同じイデオロギー的構造を内在させています。治安維持法により、1928年3月1日約1600名に亘る日本共産党員などへの大弾圧が加えられました。キリスト教会においても治安維持法のもとで多くの牧師が検挙され、逮捕され、獄死しました。教会が閉鎖に追い込まれ、信仰の自由が踏みにじられた歴史を忘れることができません。
 安全保障関連法の強行採決、世界に例を見ないわが国の平和主義憲法の要である9条に「自衛隊」の存在を明記する改憲案の策定、平和な島での安全な暮らしを求める沖縄住民の意向を無視した辺野古新基地建設の強行などといった一連の緊迫した情勢の中で、戦争を遂行し得る路線に道を開く「共謀罪法」の制定に向けての不穏な動きは、まことに憂慮に堪えない事態であり、市民的幸福と社会的公平と正義がないがしろにされる欠陥社会を生み出す危険性を孕んでいます。
 言うまでもなく、思想・信条・信教の自由は人類の普遍的な権利として何ものからも侵害されてはならないものです。神の被造物としての尊厳を与えられている一人ひとりの人間存在が、持続可能な社会を形成していくためにも、各自が自由に語り、互いに協議し、意見を交換し合える社会基盤を壊してはなりません。1967年復活主日における日本基督教団戦責告白「第二次大戦下における日本基督教団の責任についての告白」においても表明されているように、キリストの体としてこの世に存在する教会には、神の歴史支配を見極め、警鐘を鳴らす預言者的な「見張りの使命」が与えられており、この法の行方は私たちキリスト者にとって重大な関心事です。
 よって、私たち一同は、看過しえない今回の強行採決に対し強く抗議すると共に、衆議院・参議院で廃案にすることを強く求めます。
2017年5月24日
日本基督教団東北教区第72回教区定期総会
1705

2017年5月26日 (金)

2017年5月23日〜24日 梅崎九州教区議長がご来訪

 軽井沢を午前6時に出立し一路仙台へ。毎年一度の大きな会議「東北教区総会」に間に合いました。その総会に九州教区議長の朋友ウメちゃんが駆けつけてくださり、おこころのこもった連帯の挨拶を担当。「一切原稿なし」で流れるように意味深く慰めに満ちた九州教区議長のご挨拶と、九州の教会の皆さんの励ましとお祈りを届けてくださいました。ありがとうございます。会津若松〜軽井沢〜仙台〜会津若松の878㎞の旅も無事故無違反で無事帰還しました。ふう…。

Photo_7 Photo_8 Photo_9
Photo_10 Photo_11 Photo_12

2017年5月22日 軽井沢でのお仕事

 東日本大震災の初動から、学校をあげて関わり続けてくれる横浜共立学園の皆さん、ありがとうございます。250名の高校一年生と一緒に東日本大震災の「地震・津波・原発事故」を憶えています。なんとここ6年連続、同校の講師として招いてくださいます。はい毎年5月はここ軽井沢へ、ありがとう。連帯!

Photo_4 Photo_5 Photo_6

2017年5月21日 共謀罪はダメ! 5.21全会津集会

 礼拝後に駆けつけました。ご覧のようにトラック荷台の演台で宗教者を代表して連帯の挨拶。地元会津でもガウンを着用しないと、とても牧師とは認識されないので…。本日の会津若松は気温34℃でした。250名が会津若松市内をデモ、全国の仲間と共に。連帯!

1 2 3
4 Photo_13 18527494_1378329082247787_282071808

2017年5月19日 山崎知行ドクター来若

 東日本大震災からフクシマと東北の放射能汚染の現実に寄り添い続けるDr.山崎が会津放射能情報センターをお訪ねくださいました。会津放射能情報センターでの健康相談、しゃべり場にずう〜っと関わり続けてくれます。ありがとうございます!
Photo Photo_2 Photo_3

2017年5月13日 (土)

2017年5月3日 憲法記念日

 20数年前の黄金週間は毎年礼拝堂でのライブで盛り上がってたね〜。本日、あの政権は「2020年新憲法を施行したい」との報道! 憲法記念日にやはりこの二人が『沈黙のデモ』を企画し、私は撮影担当とともに有事のために待機。で「会津若松市議会の共謀罪反対決議」を神明通りでアピール。車内から手を振ってくれる人、ガッツ・ポーズで挨拶と激励を送ってくれる歩行者に、笑顔で応答するおふたり。あ、ちなみに「背後ポスターの二人」はこの沈黙デモの二人とは無関係です、念のため…。連帯!

Photo_58 Photo_59 Photo_60

2017年4月29日 在日バイタルチェック

 オキナワのちえさんからご案内いただいていた「きむきがん」の東北公演に行ってきました。日程調整でぎりぎりまで、はらはらどきどきでしたが、行けてほんまに良かったよ〜。二時間の公演「笑い呻き怒り嘆き痛み決意希望」満載の舞台に感謝感激です。連れ合いと車中語り合いながら帰路につきました。在日韓国朝鮮人のみならず、フクシマ・オキナワ・被差別部落・アイヌ・LGBT・パレスチナなど、沢山の重なり合う気づきを与えられました。とても深く考えさせられました。ありがとう!

Photo_55 Photo_56 Photo_57

2017年4月26日〜27日 甲東教会のフクシマ現地研修

 フクシマを憶え支え続けてくれる甲東教会(兵庫)の皆さん、ありがとうございます。二年に一度のフクシマ現地研修で会津放射能情報センターをお訪ねくださいました。今回で三度目、初日は情報センターで代表からの現地報告、スタッフから食品放射線量測定の説明。そして翌日は浜通りの現地研修へ、三春町で武藤類子さんから直接証言を聴くことができました。三春町〜大熊町〜富岡町〜双葉町〜浪江町〜請戸漁港〜浪江伝道所へ。ありがとう、またの再会を楽しみにしています。

Photo_52 Photo_53 Photo_54

2017年4月21日 会津若松も満開

 遅ればせながら、ここ会津若松も桜満開。牧師館庭の大きな桜、目の前の高校の満開桜をお届けします。

Photo_49 Photo_50 Photo_51

2017年4月16日 イースターパーティー

 礼拝後は恒例の嬉しいパーティー。美味しいお食事にスイーツもありがとう。みんなのしっかりしたスピーチにも励まされます。今年も「タマゴ捜し=エッグハント」や「タマゴ踊り=エッグダンス」で大賑わいのパーティー。さあ、しっかり生きていこう!

Photo_43 Photo_44 Photo_45
Photo_46 Photo_47 Photo_48

2017年4月16日 イースター礼拝

 クリスマスに並ぶ教会の大切なお祭りイースター(復活祭)。子どもも大人も一緒に礼拝します。毎年イースター礼拝で「子ども祝福の祈り」を献げ、生かされている喜びをみんなで味わいます。会津子どもクワイアの献歌、聖歌隊の献歌もありがとう。

Photo_37 Photo_38 Photo_39
Photo_40 Photo_41 Photo_42

«2017年4月15日 イースターエッグを準備